« レオナルドはサンタになれるか。 | トップページ | M-1雑感(追加)とダッフィーの着物 »

2010年12月26日 (日)

M-1グランプリの感想

今さっきまでM-1グランプリを見てました。
去年は出かけてて見損ねたんだけど、今年は最後だし、それ以外にもどうしても見たいなあと思ってたんです。
 
以前の記事で本命ナイツ、対抗ピース、大穴スリムクラブと予想。
そのスリムクラブ。漫才(なのか?)を初めて見ましたが、真栄田くんのキャラで押しながらも、間を空けることを恐れない挑戦的な構成と、内間くんも表情(意図しているのかはわかりませんが、まばたきがよかった)で観客が感じるところを上手く表現していた気がします。
それが伝わって、笑いを取れていたんじゃないかと私は思いました。
観客は内間くんを通して真栄田くんのボケを見ている感覚に晒されていたと。
そして、M-1では決勝で2本揃えられるコンビが少ないのですが、スリムクラブは1本目と似たネタで押しつつ、終盤で「民主党ですか?」で観衆(テレビの前の視聴者も含め)自身も気づいてなかった観衆の意外なツボを突いて2本目を決めてしまいました。
あそこが一番漫才のテイストを感じる部分(というか、そこしかなかった気もしますが)でしたね。
優勝は逃しましたが、各所で意見が出ているように、優勝しなくて良かった気もします。
多分これからいろいろなテレビでスリムクラブの顔を見ることになるでしょう。
長持ちするかはわかりませんが。トーク番組とか難しそうだしなあ。
でも人気が出たらあの2人はどう呼ばれるのかな。
真栄田くんはフランチェンの人とか呼ばれるには古過ぎの感があるし、内間くんもフランチェンじゃない人と言われるのだろうか。
ジョイマンと同期らしいです。そういえばジョイマンって今どうしてる?
 
本命のナイツと、対抗のピース。
どちらもよかったと思いますが、審査員(松本さんだっけか)が期待していた以上のモノは...なんて言ってましたが、その通りでしたかね。
 
笑い飯はさすがでしたね。
昔から笑い飯らしい笑いを進化させてきた中での”ついに”の戴冠でした。
ただ、島田紳助さんでしたか、1本目と2本目のネタが逆だったらというのは過去何度も壁になってきたことで、今回もそれを越えられなかったかなと。
それと、彼らはもっと早くタイトルを取るべきコンビで、取るチャンスも何度もあって、松本さんが最後のコメントでつぶやいてましたが彼らに取らせたいという審査員の感情があったことも事実だろうと。
スリムクラブの漫才が漫才なのかというジレンマ、パンクブーブーが1本目高得点を出しながら、2本目でそれを越えるモノ、これまでの自分達を越えようとする意欲を見せられなかったことも影響したように思います。
そういう意味では消去法的な選択なんでしょうかね。
 
今年で最後となるM-1。
結成10年目までのコンビのコンペティションとして若手の飛躍のチャンスとして注目されてきました。
10年前はいかにも漫才というコンビが多かった気がしますが、最後はスリムクラブもそうだけど、様々なスタイルの異なるコンビが決勝に進出し、今回みたいにこれは漫才なのかという観点が審査員に圧し掛かるような時代となったということはM-1を閉じるタイミングとしてはいい時だったのかもしれませんね。

|

« レオナルドはサンタになれるか。 | トップページ | M-1雑感(追加)とダッフィーの着物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レオナルドはサンタになれるか。 | トップページ | M-1雑感(追加)とダッフィーの着物 »