« 正月休みに思うこと。 | トップページ | ありがとう、羽地。 »

2011年1月 3日 (月)

フクアリでサッカー初め

今日は千葉にある奥さんの実家に挨拶へ。
実は駅二つ向こうは蘇我なのでフクアリに高校サッカーを見に行ってきました。
この日のカードは山梨学院大附-駒澤大高、前橋育英-流通経済大柏の注目カード。
関東近県の高校同士の対戦なので応援団もそれぞれかなりの数を動員。
それ以外の観客もかなり来ていました。
 
Ca3f0857 今年初のスポーツ観戦ということでもあります。
山梨-駒澤のカードは後半戦から観戦。既に山梨が1点リードしていました。
お目当ては第2試合だったので、それほど真剣に見ていなかったのですが、最小得点差での攻防がかなり会場を盛り上げていました。
 
さて第2試合。前橋育英には浦和に入団内定の小島くんが注目。流経にも名古屋内定の吉田くんがいますがベンチスタート。
前半は流経のペース。
パスサッカー主体の育英に対し、圧倒的な運動量を活かしたハイプレスで流経が対抗。
育英はプレスに圧されて思うようにパスを繋げずミスが多くなります。
そして最終ラインのミスからボールを奪われ流経が開始早々に先制。
その後も縦にパワフルな流経のサッカーが試合を優勢に進めます。
ボールを持って前を向くと勝負勝負の流経の姿勢はチーム全体に浸透していて、無骨な感じもしますが、迫力は十分。
育英も小島君が精度の高いFKやミドルパスでチャンスを作ります。
しかし、前半は流経リードで終了。
後半は前橋ペース。
プレスを早いパス交換でサイドを幾度となく崩し精度のいいクロスをどんどん入れてくるようになります。
流経は前半のようにプレスがハマらなくなり、最終ラインが下がっていきます。
すると今度は流経の最終ラインがミスをします。
そして、ハイボールをお見合いしてしまったボールを抜け目なく育英の小牟田くんが決めて1-1にします。
Ca3f0859 その後は育英のペース。幾度も流経ゴールに強烈なシュートを放ちます。
しかし、流経のGK緒方くんが神セーブを連発。逆転をさせませんでした。
これで一番危険な時間帯を凌いだ流経は、吉田くんの投入以後に再びペースを奪いに来ます。
育英も負けていません。
前半は上がる機会の少なかった小島くんも前にポジションを上げてもう1点を奪いに行きます。
Ca3f0860 後半の半分以降は非常にオープンな試合になり、会場を沸かす機会が非常に多くなり、とても面白い試合となっていきました。
後半35分ほどに流経は最大のチャンスを得ますがシュートは惜しくもゴールを逸れます。
育英もラストプレーでゴール前でFKを獲得。
小島くんがゴールを狙いますが惜しくもゴール左へ。
そして決着つかずにPK戦となりました。
 
PK戦では小島くんがFKみたいな蹴り方でゴール左上を狙いますがこれが枠の外。
その後も流経GK緒方くんが2本止めて試合を決めました。
緒方くんが乗れてましたね。
 
とても面白い試合でした。
流経、育英とも、それぞれのサッカースタイルがチームにしっかり浸透していて、互いのスタイルの真っ向勝負がかなり見応えがありました。
ここまでハッキリとスタイルの違いがあるのはとても興味深いものでした。
注目の小島くんはFKを蹴るときの姿が右足版の中村俊輔のようでした。
キックの精度も非常に高く、守備は軽かったですが、あのキック精度はプロで通用しそうでした。
 
さてサッカー初めも行い、明日から仕事です。
頑張らねば。

|

« 正月休みに思うこと。 | トップページ | ありがとう、羽地。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月休みに思うこと。 | トップページ | ありがとう、羽地。 »