« 開幕の足音が聞こえる | トップページ | リーダーはつらいのよ。 »

2011年2月20日 (日)

スカパーでやるんかい

今日は柏の葉にちばぎんカップを観にいってきました。
柏の葉に行くなんていつ以来でしょう。
駐車に使っている柏の葉のららぽーとに行くのも久しぶり。
で、行ってみたら新築のマンション群が出来上がっていて、ららぽーと以外に何もなかった柏の葉キャンパス駅前が変わってました。
もっとも、まだ入居前のようでしたし、それ以外は相変わらず空き地がただただ広がっていましたが。
 
双方とも私にとっては気になるチームではありますが、ヴォルティスサポーターとしては当然ですが今季の千葉は気になります。
最大の興味は身長2m超の巨人オーロイ選手。
多分柏、千葉両サポーターとも一番気になってたんじゃないかな。
今日はそのオーロイ選手を中心に試合を見てました。
 
パッと見の特徴はもちろんその身長ですが、それほどがっしりした体格ではないなという印象。
試合が始まってから感じた部分を簡潔にいくつか上げます。
 
・プレーエリアは殆どセンター。サイドに張ることは(当然かもしれないが)殆どない。
・足はそれほど早くない。時々鬼ダッシュでプレスしたときもあったが、前からのプレス参加は消極的。
・さすがの高さ。殆どのハイボールにジャンプしない(しても姿勢が崩れない程度)で競り勝つ。
・アタマに当てて背後に逸らすプレーが多かった。2列目の選手(この日は米倉)がそれに合わせて飛び出して決めるパターンを狙っている。
・ジャンプする必要ないから、姿勢が固定された状態で軽く首を振るだけでボールが背後に出せる。
・コーナー時は攻撃時もそうだが、守備でも効いている。
・ムリに競りにいき過ぎるとファウルを取られる可能性あり。この日の柏の失点はエリア内でパク・ドンヒョクがきつくいったのをファウル取られた(PKになった)ように見えた。
 
ここまではいいこと尽くめみたいに書いてますが、下記は?と思ったこと。
・足許でボールを扱う機会が少なかった。足も遅いし、足技はあまり巧くないのかも。
・ゴールに向かう意識もそれほど高くなさそう。高さを使ってのチャンスメイクの方が好きな感じ。
・周囲の選手がクロスをオーロイに入れたいという意識が結構露骨。
 
ここからは千葉の特徴。
・オーロイが超長身なので忘れられがちだが、背が低い選手がすごく多い。スタメンでは175センチ以下の選手が5人もいた。
・で、セットプレーでヘッドを枠に飛ばされるシーンが何度かあった。
・オーロイ以外にも外国人が3人いるはずだが、3人(ミリガンは負傷回復中なのだと思うが)ともベンチにすら入ってなかった。
・やはりハイプレスから始まるサッカー。これが生命線。
・新外国人の10番がいないせいもあるだろうが、攻撃はオーロイへのクロスに偏っていて、あまり柏守備陣を崩せているようには見えなかった。
 
というとこですかね。率直な感想としてはそれほど強さを感じませんでしたね(今の時点ではね)。ただ、オーロイへの放り込みサッカーはピッチ状態が悪くても影響が低いので鳴門のピッチを整えておいて自分達のアドバンテージを確保しておかないと苦しいかも。今日の柏の葉はピッチ状態が悪く、パスが荒れていた。
 
と、この記事を書いている時点では千葉テレビでしか試合放送しないのかなと思ってたからいろいろ書いたんですが、なんと22日(火)18時からスカパーで放送するそうです。
監督、必見ですぞ。

 

あ、EGの名鑑買いました。

|

« 開幕の足音が聞こえる | トップページ | リーダーはつらいのよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開幕の足音が聞こえる | トップページ | リーダーはつらいのよ。 »