« サッカーが待っているから。 | トップページ | 発表会の日 »

2011年3月26日 (土)

届け、東北へ。

今日は久々に東京に行きました。
行き先は御茶ノ水。JFAハウス・日本サッカーミュージアムです。
今日、そこでは『サッカーを愛する人にできること』という活動の被災地への直接支援として緊急援助物資を集めて、それを届ける活動が行われました。
昨日、Twitterでその情報を受け取り、ここ2週間家に居続けてモンモンとしていた気持ちが突き動かされました。
奥さんと娘が一日出かけるので、自分はフリー。
これは行くしかないと決めました。
下着・肌着類や衛生用品、オムツなどが募集物資でしたが、その中から下着・肌着類を購入して持っていくことにしました。
今日は午前中に家の近くのシマムラへ出掛け、成人男性ものや、子供(男女)の肌着・下着を各4セット、靴下も同じくらいの数を購入しました。
(さすがに成人女性モノは買えませんわな。)
それを持って、御茶ノ水へ。私のトレードマークというべき大塚FCジャージ(上)を着て。
御茶ノ水は神田の古本街が近く、若い頃はしょっちゅう行ってましたが、JFAハウスはそちらとは駅を挟んで反対側。
行ったことの無い場所でしたが、道の途中にはボランティアのサポーターの方々が案内に立ってくれていました。
着いたのは2時近くだったので、既にかなりの物資が届いていて、ダンボールに整理して詰められていました。
そしてミュージアム内に入り、大きなホールのようなところで持ってきた下着・肌着類を渡しました。
ホールの中は大勢のボランティアの方々が熱気を持って物資の仕分けをしていました。
 
届けた後は、少しホッとしました。
満足してしまったわけではないですが、モノを届けたい、すぐ使えるものをすぐに届けたいという気持ちがあったのでやっと何かの役に立てたかもと思ったのです。
みんなの、多くのJサポーターの気持ちが届けと祈る思いです。
 
関東では放射能の脅威が広がっています。
そして、その脅威を逃れ地方に疎開した人の話も聞きます。
友人のロック総統なども、海外の友人からこっちへ来いと持ちかけられたとコメントにありました。
でも、私たちはここに残っています。そしてこれからも残ります。どうしてもという事態、家族が危険に晒される時までは。
みんな怖いはずです。同じ思いを心のどこかで共有しているはずです。
でも、だからみんなここ(関東)にいるんだろうなと。
そして残っているから、今日のような活動ができるのです。
今日のような活動で多くの人が動くのだろうなとも思います。
 
ゼッテー負けない、と今日も思いました。

|

« サッカーが待っているから。 | トップページ | 発表会の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーが待っているから。 | トップページ | 発表会の日 »