« 今日からまた走り始める | トップページ | 再び皆で集うときのために。 »

2011年3月15日 (火)

愛すべき日常

今朝の新聞記事、幼稚園バスに乗ったまま行方不明となった娘を探す母親。
そして娘は見つかる。
あまりにも悲しい。
こんなことあっちゃいけない。
そんな思いをしながら、今日も自転車で出勤しました。
 
今日は昨日と違う奥さんに薦められた別ルート、昨日の安いランボルギーニと違う電動自転車。
車でさえ自分では通ったことのないルートだったが、殆ど平坦で楽に進む。
昨日の道はアップダウンの繰り返しで根性を振り絞って1時間半汗だくになって走りぬいた。
でも今日は1時間で幕張に到着。
30分短縮である。
昨日も幕張到着時にガッツポーズしたが、今日もガッツポーズ。
どうだ、ゼッテー負けないとつぶやいた。
 
道すがら見た風景は普通の日常に見えて、多分金曜の朝まではちょっと違ったはずなのだ。
自分と同じように自転車で通ってなんかいなかった人も大勢いたはずだ。
きっと自転車の量は少しは増えているだろう。
船橋から幕張まで走っている人間がそれほどいるとも思わないが。
 
幕張の近くでは防災ずきんを被って集団登校する小学生を見た。
奥さんの学校では卒業式が中止になり、教室での証書の手渡しになった。
私が今週末受けるはずだった試験は中止になった。
職場の私の席は天井板が落下するかもしれないからと、別の席に仮移動させられた。
いつまでも残業しているのが常だった人達が同じ帰宅方向でグループになってタクシーを捕まえて帰ろうとしていた。
あるはずだった日常は今はどこかに隠されてしまっている。
 
それでも私たちは今までとちょっと違う新しい日常で生活を始めている。以前と変わらないこともある。
今日は会社にはかなりの人が出社してきた。
本来予定されていた仕事の期限は何も変わらず、特例措置もなく、いつもどおりに今週中にやらないといけないこともわかった。
それだけはちょっとガッカリだ。
 
帰りの道すがら計画停電に遭遇。突然フッと全ての電気が消えた。車のライトだけが灯りの風景。
これもしばらく付き合うことになる新しい日常。
営業しているラーメン屋や、すき家や、焼肉屋。
こんな状況でどうして変わらないで済んでるのかわからない日常まであった。
 
こうやっていろいろな風景を見ると、我々は愛すべき日常に気づかずにいたんだなと思う。

帰りも1時間で帰宅。しかも電動自転車の電池を殆ど消費せずに走りぬいた。

ガッツだ!ゼッテー負けない。

|

« 今日からまた走り始める | トップページ | 再び皆で集うときのために。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日からまた走り始める | トップページ | 再び皆で集うときのために。 »