« 安否情報を提供しているサイト | トップページ | サッカーが待っているから。 »

2011年3月23日 (水)

我々はまだ生きている

月曜夜から娘が高熱を出しました。
土曜の夜から咳が目立ち始めていたのですが、日曜は元気になって安心していたところの出来事でした。
もしやと思っていたらやはりインフルエンザでした。B型です。
火曜日は私が仕事を休んで病院に連れて行きました。
処方してもらった薬はイナビル吸入粉末剤(第一三共)。
1回の服用(吸入)でタミフル5日間投与するのと同じ効果という、なんか凄い効果。
貰っときに「本当に1回だけですか?」と聞いてしまったこの薬。
吸入した娘。朝38度以上あった熱は午後には平熱に。
今日はもう元気です。
逆に今度は私が自分の発症が気になって来てしまい、今日は妙な緊張感を抱えながらの一日でした。
 
今日もいろいろなニュースや風景がありました。
職場のビルの休憩スペースから見える風景。
隣の千葉県免許センターでは教習用の道路で噴出していた大量の液状化の泥をショベルカーが運び出し続けていました。
先週はズラーッと一日中並んでいたエネオスへのガソリン待ちの列は今日は一台もありませんでした。
ガソリンが無いのかと思いましたが、エネオスには入れ替わり車が入っているようにも見えました。
激動の日々の中で、凄いスピードで加速し減速していく日常。
そしてまた違うところで加速し始める日常。
今度は野菜、そして予想できていましたが、ついに水です。
でも私はできる限り冷静に、そして普通に過ごします。
それが一番大事。
テレビで「わたしたちから風評被害を作らない」と言ってたおばさんの姿が今日一番感動を覚えたなあ。
「かならず復興する」と決意を述べる石巻の会社社長にも。
 
我々はまだ生きている。あらためてそう思いました。
 
明日も頑張ろう。ここから逃げない。

|

« 安否情報を提供しているサイト | トップページ | サッカーが待っているから。 »

コメント

やっと世の中が落ち着いてきた感じ。
地震直後から海外からのメールの処理で2週間大変でした。先週は原発の問題で「早くロンドンに来て、うちにとりあえず住めよ」なんてメールまで来る始末。
結局、国内も海外もメディアが中途半端なことをやってくれたおかげでパニックになる人間が出てくるのを直に体験した感じ。
原発に関してはこれで
http://www.youtube.com/watch?v=5sakN2hSVxA&feature=youtube_gdata_player
よく理解しました。専門家に聞いたところ、内容は間違ってはいないようです。
放射能に関しては、イタリアのメディアの「ローマの日常の方が高いよ」っていう報道もあったし、なんか数字だけが走っている印象を受けます。
とにかく自分も「生きている」っていうことを改めて考えた2週間かな。

投稿: あーせなる | 2011年3月23日 (水) 22時22分

私も外国人から、こっちに来ても良いぞと、
メールが来ました。
外国人の方が放射能に対して神経質な様ですが、日本人が鈍感なのか?
とりあえず茨城や福島の農産物を買おうと思っています。

投稿: 総統 | 2011年3月23日 (水) 23時09分

何が正しいかは俺たちが日本に、関東に残り、生き延びて復興を遂げれば証明できると思う。

投稿: AWAN渦帝 | 2011年3月24日 (木) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安否情報を提供しているサイト | トップページ | サッカーが待っているから。 »