« 発表会の日 | トップページ | 明日から4月。 »

2011年3月29日 (火)

共に。

大阪の長居で日本代表対Jリーグ選抜TEAM AS ONEと対戦をテレビで見ました。
満員の長居スタジアム。
流れるベガルタのサポーターズソング。
遠藤選手のFKと、その後選手達が全員で指を揃えた姿。
素晴らしい光景だったと思います。
ただ、私は感動はしつつも笑顔は沸いてきませんでした。
被災地のための試合だけど、被災地にいるこの試合を見たいと思っている人全てが見れているわけではない。
福島第一原発の最前線で身体を張っている人達はこの試合を多分見ていない。
当たり前のことだけど、それを忘れちゃいけないんだろうなと。
 
大事なことはこの試合を見て、この試合で選手達が私たち見ている側に何を訴えたいのか、いや、何を一緒にしようと訴えているのか。カズのゴールに籠められた思いは。
そして、この試合の後から何をしなきゃいけないかを考え、行動できるかだと思いました。
感動したで終わっちゃいけない。
まだ、今日ここで泣いて終わっちゃちゃいけない。喜んで終わっちゃいけない。
何も終わっていない、何も始まっていない。被災地では。
これからなんだと。
この試合の意味は、そういうことなんだと私は思っています。
 
興行としてどうなのか、誰が出るべきだったとか、そんなことはハッキリいってどうでもいいことなのです。
今野選手も、小笠原選手も、そして入場時に選手達の着ているシャツの多くにも、この言葉が、この言葉と同じ意味のメッセージが籠められていました。
 
”共に”
 
水戸の本間選手を出すべきだったとかの意見もありますが、それをもし本人や、川口選手や他の選手に問うことは無意味でしょう。
選ばれた選手はみんなJリーグの、日本人サッカー選手の代表の使命を背負って出ていると思います。
我々サポーター側とは違う、選手同士にしかない、言葉じゃない、面識も関係ない連帯感があるはずなのです。
それを背負って出ているはずなので、誰が選ばれているかは問題じゃない。
顔ぶれに意味を問うなら、暴論だけどこの試合はベガルタ仙台対水戸ホーリーホックだっていいはずです。
福島ユナイテッドの選手達も。
でもそうじゃないでしょう。そういうことは大事じゃない。
 
興行なのか、チャリティなのか、強化試合なのか、練習試合なのか、全部どうでもいいことなんです。
大事なのは、この後、”共に”の気持ちを皆がより強く持って何がするか。
試合の最中にも東北を震源地とした余震が起きている。
試合をしているスタジアムは余震を感じていない。
地震速報のテロップの背景で試合が流れている。
この落差の意味を各々でどう考えて、このあと何をするかが大事なのだと改めて思いました。
明日から、いや今からでも何か小さなことでもしていこう。共に。
 
水戸の沼田社長のブログの記事に載せられていた泥だらけの水戸ホーリーホックの募金箱の写真。
それでも被災地を気遣う社長の言葉。
泣けそうになった。でもまだ泣いちゃいけないと思った。私が泣いちゃいけない。

|

« 発表会の日 | トップページ | 明日から4月。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発表会の日 | トップページ | 明日から4月。 »