« ろくでもない木曜日。 | トップページ | 記念すべき日に...何なんだこの失望感は。 »

2011年4月22日 (金)

さあ、始まる。

いよいよ明日です。生憎の雨のようです。
再開とは言っても、私にとっては実質は開幕戦です。
そして開幕以上の試合でもあります。
 
敵味方関係なく団結が問われる試合になります。
地震という強敵がカウンターを狙ってます。
恐怖という強敵が全員の心の中のどこかからフリーキックを打ち込もうと狙ってます。
大丈夫、団結すれば勝てます。
 
それとは別に敵として勝ちをもぎ取りに行きます。
できれば完勝したいです。中味でも結果でも。
そのために声を出します。時によっては酷いことも叫ぶかもしれません。
勝ちに拘らないと我々は存在意義がありません。
声を出し、叫び、勝たせる力が自分達にあると信じられる人間だけがサポーターになれます。
断固勝ちます。勝たせます。
 
地震を経験して自分は変わったと思います。
こんなクサくてしょうもない文章ばかり書くようになったのもそのせいでしょうか?
いや、以前からそうだったかも。まあ、いいや。
一つわかったことがあります。
私たちは当たり前のように生きていると思っていたがそうじゃないってこと。
亡くなられた仙台サポーターの方。ネットで読んだ記事の方以外にもいらっしゃるんだろう。
仙台以外の地域で亡くなった方も、知られてないけどどこかのチームのサポーターだったかもしれない。
当たり前のようにスタジアムに行って、好きなチームに声援を送って、充実した日々を送っていて...それがある日突然終わってしまった。
当たり前のことが実はそうではなくて、とても貴重で脆いものであったってこと。
ゆえにまだ生きている我々は、それを強く感じ、守り育てないといけない。
これはサッカーに限らずね。
家族や、仕事や、いろいろと。
 
我々はまだ生きている。生き延びたんじゃない。生きているということ。
その重さと脆さと責任を感じ、明日も、明後日も生きて、責務を果たす。
今自分がすべきだと思うことを全力で。
 
まず明日やることははっきりしている。
水戸へ行く。
Ksスタを水戸サポーターと徳島サポーターでできる限り満たす。
ヴォルティスを押す。
勝って帰る。
以上。
 
さあ、始まる。

|

« ろくでもない木曜日。 | トップページ | 記念すべき日に...何なんだこの失望感は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ろくでもない木曜日。 | トップページ | 記念すべき日に...何なんだこの失望感は。 »