« 浮かれ過ぎず、でも強く信じて...行こう!上に。 | トップページ | 週末が待ちきれない。 »

2011年5月24日 (火)

打つとき打たなきゃダメなのよ。

今日は本当は広島カープ対千葉ロッテをテレビで見たかった。
でも、それをやっているスカパー!のチャンネルが契約に入ってなくて視聴できなかった。
だから、仕方なしにACLの大阪ダービーを見ていた。
 
やはりダービーってのは同じ街に本拠があるクラブ同士の対決だよなあと思った。
大阪は日本でも屈指の大都市の一つであり、大阪市といってもかなり広いのだけど、やはり同じ大阪を名前に冠しているクラブ同士。
試合会場はガンバのホームだから当然、ガンバのサポーターの方が多いけれど、セレッソサポーターもすごく多かった。
試合はトーナメント一発勝負というわけで、絶対勝つという気持ちを出しながら、絶対負けない(⇒絶対失点しない)という気持ちも感じられる試合でした。
終盤まで0-0のまま、後半43分、DF高橋が右サイドで放ったシュートがキーパーの脇をすり抜け待望の先制点をもたらし、それが決勝点に。
キーパーはマイナスのパスを想定していたのかもしれませんね。
見ていた私もシュートは想定していなかったです。
まあ、あそこでパスを出してしまうとしたら、いかにも日本的だったかも。
それで好機を逃すシーンって日本では多いような気がしますね。
見ていて「シュートだろッ」と言ってしまうサッカーのシーンBEST5には入るでしょう。
誰でも一度は見て言ったことがあるシーンかもしれません。
シュートを打つからゴールが決まる。
当たり前のようだが、極めて大事なこと。
こういうこと考えると、クレイジー・ケン・バンドの「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ」が何故かアタマに流れる。打つとき打たなきゃダメなのよ、ってか。
 
話は変わってプロ野球。
千葉ロッテは今日も負け。
いまだ交流戦で勝てていません。
せっかくまるは氏が広島まで行ったのに。
せっかくマーフィーが負傷してまで取った3点だったのに。
勝つとき勝たなきゃダメなのよ。

|

« 浮かれ過ぎず、でも強く信じて...行こう!上に。 | トップページ | 週末が待ちきれない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浮かれ過ぎず、でも強く信じて...行こう!上に。 | トップページ | 週末が待ちきれない。 »