« 何かを伝えることの重み | トップページ | 地元大学での子供体験教室。 »

2011年5月14日 (土)

ミスさえしなきゃウチが強い。

やっぱりダービーだから勝利が最優先です。
しかし、今日の試合は勝利以上の収穫があったのではと思います。
 
どのような試合になったら一番いいだろうかと試合前に考えていたことがあります。
愛媛は積極的に前線からプレスに来ます。
ウチも同様に前からプレスを掛けにいきます。
中盤でバチバチやりつつ、試合をコントロールする。
前半は0-0でヨシとして、後半相手が疲れてきたら個と層の違いで攻勢に出て突き放して、当然のように無失点に封じて終わってみたら完勝ってパターン。
技術もサッカーアタマもお宅らとは違うよって余裕見せて勝てたらいいな、と妄想してました。
さて、結果は?
 
試合自体はそうテンションの高い試合ではなかったと思います。
しかし、ダラダラしていたり、ストレスが溜まる試合でもなかったかな。
思ってたより愛媛が来なかったなと感じてました。
徳島もあえてペースを上げるようにしていたとも思えません。
しかし、序盤から積極的にシュートを打って攻撃を終える姿勢が強く出ていました。
大きかったのは、効果的なプレーをする選手が複数いたことです。
衛藤が前線で非常に力強く突進をしてくれました。相手DFにかなり際どい守備を強いていました。
島田はいいパスを供給し続けていました。多くのチャンスを作りました。
柿谷は積極的にドリブルで仕掛けを繰り返していました。ゴール前にも何度も迫りました。
エリゼウはゴール前で力強く立ちはだかり、ゴール前に入るボールと愛媛のFWを力強く撥ね返し続けていました。
彼ら以外もとても安定していて、安心してみていられました。ミスは少なかったですし。
 
まあ、危険なシーンも2度ほどあったと思いますが、それは想定内でしょう。
 
ヴォルティスのDFはきちんと陣形を整えて守ることがずっとできていたのに対し、愛媛は度々徳島の縦への突破で厳しい守備を強いられていました。
途中から1-0勝ちかなという空気がしてました。
みなさんも、そうだったね、と思いませんでしたか?
幾度となくスペースを突きながら愛媛DFの身体を張った守備に食い止められつつも、いつまでもあんなのが持つわけない。
終わってみれば柿谷のゴールは必然だったのではないでしょうか。
 
ミスさえしなきゃ、今は徳島ヴォルティスの方が力が明らかに上ということを証明できたゲームだったと思います。
相手の監督の試合後コメントにもそんな臭いがしてます。
うん、してる。してるでしょ?ミカンのみなさん。
してるって。
してるしてる。
 
試合を通じてコントロールはずっとヴォルティスにあった。それが最大の収穫だね。
J1昇格するには、今日みたいに試合をコントロールするチームスキルはとても重要。
憎らしいくらい強かったとき(事実憎かった)のユベントスは1-0を得意としてました。
今日はそれっぽい臭いがしてたかな...う~ん、言いすぎ?

|

« 何かを伝えることの重み | トップページ | 地元大学での子供体験教室。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何かを伝えることの重み | トップページ | 地元大学での子供体験教室。 »