« 小学校の運動会 | トップページ | 打つとき打たなきゃダメなのよ。 »

2011年5月22日 (日)

浮かれ過ぎず、でも強く信じて...行こう!上に。

鬼門だったの?ってくらいヴォルティスが試合をコントロールできていたいい試合でした。
ここ数試合、選手のメンタルがとても落ち着いている。
そして、もっと印象的で大事なことはとても楽しそうだということ。
テレビで見てると活き活きしてる。
ドゥグラスが今季ファーストタッチでゴールしてベンチにドヤ顔で走っていって叫んだシーン。
こういうことも今季を象徴しているし、より今のムードを加速させてくれる。
ここまで出てなかった選手がいきなり活躍する。
交代で下がったばかりの佐藤もこれは刺激を受けるだろう。
 
今日は午後からはJ2をずっと見てた。
北九州対京都、FC東京対湘南。
降格組3チーム見たんだけど、どのチームもプレー判断が遅いし、連動感が感じらんない。
アイデアも無理やりなのばかり。
今季になって結構他のクラブの試合見てるけど、一言で言ってどこもレベル低い。
千葉がオーロイ頼みで首位取れるのわかるわ。
拠り所あるからね。ヨソはないんだもん、個人でも戦術でも。
ヴォルティスも拠り所ってほどではないけど衛藤がチームにスイッチをいれてくれてる。
それが島田も柿谷にいい影響を与えてる。
佐藤も成長が続いているから、手堅く戦えれば、いい位置をキープしながら成長していける確信が感じられてきた。そして津田も戻ってきた、そして今日ドゥグラスが...杉本だってこのままではいないだろう。
他のチームは現状場当たり的なサッカーしかできてなくて、誰がキーマンなのかすらわかんないもん。
ヴォルティスはその点でいい要素を多く持ってると思う。
やれるという自信が全員に根付きはじめてる。
目立たないけどスンフンも成長してるよ。
試合に出続けてすごく頼もしくなってる。
もしかしたら今J2で一番好調なGKなんじゃないかな。
 
怖いのはミスで負けて流れを自分で止めちゃうことかな。
だけどもっと怖いのは、一つ躓いたところでやっぱダメかもとか思ってしまうこと。
これは選手もそうだけど、サポーターはもっとそうだ。
ちょっと前まで、特に水戸に逆転負けした時点ではみんなそう思ってたんじゃない。
俺もそう思ってた。
でも、これからはそう思わない。そう思わないように心掛ける。
もう大丈夫だ。
浮かれ過ぎず、でも強くチームを信じて、胸を張って上を目指そう。
 
今日の岐阜と次の栃木が序盤最大のヤマだと、栃木が愛媛に負けた直後に思った。
そして、まず鬼門って呼ばれてた岐阜を完勝で乗り越えた。
ヴォルティス側から見て今日の試合がどうだったかと併せて、岐阜側から今日の試合がどうだったかを考えてみれば、もっと今のチームの現状が冷静に正確に見えると思う。
でも次は本当に大事な一戦になる。
ダービーと同じくらいで強い気持ちで臨もう。
それでいてどんな苦境でも乗り越えてくれるのが今のヴォルティスだと信じて勝利を掴もう。
だがもっとも大事なことは、仮に、本当に仮にだが、望んでいた結果にならずとも、今季は大丈夫だと信じる気持ちだ。
サポーターは次節、いや今季ずっとそれが試される日々になる。
それさえできれば、サポーターも、クラブも、間違いなく確固たる強さを手にできる。

|

« 小学校の運動会 | トップページ | 打つとき打たなきゃダメなのよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校の運動会 | トップページ | 打つとき打たなきゃダメなのよ。 »