« なんて恥ずかしい国 | トップページ | 映画「チェンジリング」を観ました。 »

2011年6月 4日 (土)

今年は違うぜ、ってか?

上位勢同士の対決らしい試合でした。
攻めるホームのチーム。凌ぐアウェイのチーム。
しかし、決して一方的ではない。
難しい試合を身体だけでなくアタマも使って互いが戦っているようにも見えました。
 
できれば先制したかった。
一瞬のスキを突かれた。だが、そう何度もあんなシュートが決まることはシーズン中にもない。
それ以上の失点がなかったことを喜びたい。
1点に凌いだのは立派だったし、前節の苦い経験が生きていると思った。
今日の守備の出来は、これからに生きてくると思う。
ポストに助けられたシーンもあったけどね。
 
攻撃ではスタメンにドゥグラスを起用。
好機もあったが、ゴールは決まらなかった。
だけどあの調子なら徐々にコンディションは上がっていきそうだ。
最後によく競り勝ってくれたし、それが衛藤のゴールを生んだ。
衛藤もよく詰めてくれた。強い気持ちが噴き出てた。
誰がというよりチームの気持ちがついに押し切ってゴールを生んだように見えた。
そしてすぐにボールを拾いセンターへ戻る衛藤。他の選手も祝福そこそこに戻る。
ここの場面にチームが強くなってきているのを一番感じましたね。
今までだったら、負けてた試合だったんじゃないかな。
 
勝てなかったけど、今年は違うぜと訴えられた気がする。
これから厳しい相手が続くけど、今季はそう簡単に「去年までと同じか」とはならないだろう。
まだまだ序盤。
ここでこれだけやれる。
今の順位。
試合から感じるもの。
あとは爆発がどれだけ早くくるか。

|

« なんて恥ずかしい国 | トップページ | 映画「チェンジリング」を観ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんて恥ずかしい国 | トップページ | 映画「チェンジリング」を観ました。 »