« 疑う余地のない強さと、ここから必要なこと。 | トップページ | 去っていく人、そして連れられてくる人 »

2011年7月12日 (火)

『アスリートの魂』

昨日、NHK総合で夜11時少し前から放送されていた番組を観ました。
『アスリートの魂』という番組。
昨日は柏レイソルの北嶋秀朗選手の特集でした。
 
8回も手術した膝。自宅の階段は手すりに頼らないを降りるのが厳しいほど。
それでも33歳の今、残り少ないであろう現役の日々を全力で行き切ろうとしている姿でした。
高校サッカー界では大スターだった彼も、プロとして特段に栄光を掴んだ選手生活ではありませんでした。
むしろ怪我との戦いの日々。
今海外で活躍している長友選手や、長谷部選手、本田選手らとは違い、プロサッカー選手として、こういう生活の方が現実的なのかもしれません。
プロサッカー選手を目指す子供たちにはむしろシビアなストーリーでしょう。
あ、こんな時間に起きているサッカー少年は少ないか。まあ、それはさておき。
いかにも不器用な男の生き方でしたね。
大袈裟に言えばあしたのジョーみたいだなとも感じました。
...昔からを知ってる選手ではあるので...正直何とも感想の出にくいところでした。
昔からああいう男であったわけでもないし、それを踏まえても何か不思議な気分でした。
でも、今の北嶋選手は好きです。
私のが一番好きな選手、イバン・サモラーノを一番彷彿させる選手です。
同じ空気が今の北嶋選手からはしますね。同じ9番だし。
 
そしてもう一人、今の北嶋選手を見ていたら思い出す選手。
関口隆男。
大塚FCのエースだった選手。
彼も怪我との戦いを繰り返したエースでした。
思いを共有して苦しい日々を戦った戦友。
サモラーノとは違うタイプのFWだったかな。
背番号も9番より10番をつけてる印象が強い。
もっとも10番っていうより11番のタイプだったかな。
彼がこの番組を見ていたらどう思ったろう。
ちょっと気になる。
 
番組は14日深夜に再放送があります。
7月14日(木)午前0時45分~午前1時14分(13日深夜)
よかったら見ていない方はビデオで録るなりでも観てみてください。
ヴォルティスだと徳さんがこういう番組に向いてそう。
というか観てみたい。
 
公式HPはこちら。

|

« 疑う余地のない強さと、ここから必要なこと。 | トップページ | 去っていく人、そして連れられてくる人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疑う余地のない強さと、ここから必要なこと。 | トップページ | 去っていく人、そして連れられてくる人 »