« 夏、アイツ等がまた... | トップページ | 『アスリートの魂』 »

2011年7月10日 (日)

疑う余地のない強さと、ここから必要なこと。

昨日はすごく疲れていて、記事を書かずに寝てしまいました。
ただ、サポーターとしてすごく収穫の多い一日でもありました。
ちょっと説明が難しいことですが、勝つためにやるべきことを何でもしてやり遂げれば絶対勝てると確信できました。
しばらく参戦できる試合が来ませんが終盤の大一番に向けて自分を高めていかなくては。
 
さて、草津戦ですが、見ている限りではこれぞ完勝という内容だった気がします。
前半は立ち上がりこそセカンドボールを拾われて自陣ゴール前で凌ぐ時間こそあれ、その後はラフィーニャに入れようとする草津の攻め口をしっかり対処して、そこから速いパスワークで攻撃のリズムも組み立てて試合を支配しいきました。
しっかりと守備から相手の攻め口を塞ぎ、相手の弱点の守備の時間を強いる展開は草津相手に理想的だったのではないでしょうか。
セットプレーからのゴールでしたが、理想的な攻め方ができたのかもしれません。
草津の1本のシュートも打たせていないうちに3点のリード。
しかも試合を通じては草津のFWにはシュートを打たせていない。
ちょっと理想的過ぎて、後半は緩んだというか受けに立ったというか、決定機はアレックスのFKくらいだったけど、守備陣にちょっと軽率なプレーがあったのは残念だった。
ああいうとこはキチッとして欲しいな。
あとは得点も取りたかったが、カウンターでは十分な人数が上がってフィニッシュまで行く展開も何度もできてた。
この試合では結果もそうだけど、こういう試合ができたこと、何故できたのかをよく振り返ってしっかりと根付けて欲しい。
連勝を連ねるごとに内容も向上していることを証明する価値ある内容の勝利だった。
 
今日、栃木戦を残しているが千葉とFC東京がドローだったことで、暫定で2位浮上。首位と勝ち点差1。
この時期にこの位置を保てていること。
もはや言うまでもないが、昇格できる力はこれっぽっちも疑う余地はない。
この選手達、このコーチ陣、この監督、このフロント、そしてこのサポーターで昇格を勝ち取るのだ。
コイツだけは代えたいなんて今になっても言ってるようでは流れについていけない。
ここからはどこまで同心になれるかがすごく重要。それが必要な+アルファ。

|

« 夏、アイツ等がまた... | トップページ | 『アスリートの魂』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏、アイツ等がまた... | トップページ | 『アスリートの魂』 »