« さあ、寝ましょう。そして早朝に集いましょう。 | トップページ | まず自分が報いてあげることが大事。 »

2011年7月18日 (月)

やったぜ、なでしこ!

目が覚めたのは2時40分。
寝ぼけた娘がスクッと起きて、自分を揺すったのだ。
「オシッコかい?」と尋ねると、またバタッと寝る娘。
本当の話である。
何か憑依してたのかとマジで思った。
でもちょっと早くない?
で、寝ないまでももう少し横になり、3時20分くらいに居間におりた。
そして、一生忘れられない朝は始まった。
 
想像以上に厳しい試合になると開始早々実感させられた。
前半で試合が決まっていてもおかしくなんかなかった。
谷澤スペシャルを炸裂させ続けるアメリカ。
でもどこかで決まるんじゃないかと思わされるくらい圧倒されてた。
でもやれそうなチャンスも作る。貰う勇気。
後半、ついにカウンターから決められる。
折れかける心。奮い立たせる意思。
宮間が押し込む。夢みたいな光景。まだ戦える。
でも延長はイヤだ。決めてくれ。新しい恐怖が覆いかぶさる。
延長。
あれほど警戒していた相手のエースに決められる。
そこだけ見せた消える動き。
それでも諦めない姿勢。
澤のズラタンばりのスーパーシュート。
その光景を見ていた私たちは何かを刻み付けられた。
あきらめないぞ、まだまだだと言葉では言いつつも、心の底で本当はどう思っていたか?
そう本当に思い、それに従い成し遂げることの凄さ。
教えられたモノの大きさ。
 
やったぜ、なでしこ!
世界一だ。

Ca3f0126_2

|

« さあ、寝ましょう。そして早朝に集いましょう。 | トップページ | まず自分が報いてあげることが大事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあ、寝ましょう。そして早朝に集いましょう。 | トップページ | まず自分が報いてあげることが大事。 »