« やったぜ、なでしこ! | トップページ | 虎ノ門で見つけた徳島県産品ショップ »

2011年7月19日 (火)

まず自分が報いてあげることが大事。

なでしこジャパンが歓喜の地から早くも帰ってきました。
今週末からリーグ戦があるからもあるでしょうが、ハードスケジュールで大変ですね。
帰ってくれば帰ってきたで、やれテレビだ、雑誌だ、新聞だと取材対応が大変なんでしょうね。
できればくだらないバラエティ番組とかは免除してあげたい気持ちもありますが、澤選手はじめなでしこの選手達が女子サッカーを知ってもらうために大会前にバラエティ番組に出たりとか見ていたので、やっぱり出ちゃうのかなと思うところもあります。
大会前にやってた、サッカーの上手い芸人さんとのセットプレー対決は面白かったですけどね。
あれは芸人さんたちがマジで上手かったから(ワッキーとか市船だし)。
 
まるは氏が言ってたけど、この優勝を一過性のブームにしないためにも私たちサポがやらなきゃいけないことがたくさんあるとは思います。
何かに書いてあったけど、オリンピックで金メダルを獲った女子ソフトボール代表みたいにならないかと不安に思うとあった。
確かにそうだよね。
女子ソフト代表も同じアメリカに勝利してメダルを獲ったんだよ。
あのときも盛り上がった。
でも今は女子ソフトはメディア上に全く上がってこない。
残念なことに競技自体もオリンピックの正式種目からも外されてしまい、競技を強くアピールする機会すら今は失われている。
 
大事なのはメディアが取り上げ方をどうこう言ったりすることでない。
メディアはその時もっともニュースになるとメディアが判断したものを取り上げるのが仕事だ。
メディアを通じて、なでしこを知った自分たちが、彼女たちにどう報いてあげるかが大事なのだろう。
一番いいのは試合を観にいってあげることだろう。
1試合でもいいから。
観にいって魅力を感じなかったらそこで終えてもそれはいいと思う。
でも、魅力に感じてまた試合を観にいく人が5人に一人とか、10人に一人でもできれば、彼女たちを取り巻く環境にいい影響を与えられると思う。
そのためにまず自分が観に行ってみることが大事なんだろう。
渋谷の交差点で早朝から大騒ぎしていた連中の中からもなでしこリーグ行ってみようかなと思うやつがでるかもしれない。
ぜひ出て欲しい。
 
W杯で優勝したから被災地がどう元気になるんだと思う人もいるだろう。
被災者の方からしたら、喜んでるのは普通に生活できているやつらだけだと思う人もいるだろう。
勝手に被災地が元気づくとか言ってろ!とか思う人もいるだろう。
その通りなのだ。
でも、日本が少し元気づいたことも事実なのだ。
なでしこは日本を元気にするきっかけを作ってくれた。
それをどう大きな元気に代えていくか。
それは私たちの役目。
そのために、自分がどうなでしこにしてあげるのかが大事なんだと思う。

|

« やったぜ、なでしこ! | トップページ | 虎ノ門で見つけた徳島県産品ショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やったぜ、なでしこ! | トップページ | 虎ノ門で見つけた徳島県産品ショップ »