« ここからは、恐れて負けてはいけない。 | トップページ | 嵐の夜に。 »

2011年9月19日 (月)

あやしいけど強い。

試合前の豪雨が凄かったので、こりゃ田んぼサッカーになって苦労するんじゃないかと思った。
確かにそういう部分もあったが、思っていたよりは雨が早めにおとなしくなってくれてピッチコンディションも思っている以上に使えるエリアが多くて助かったと思う。
田んぼになってたおかげでピンチにならずに済んだ場面もあった。
そういう意味じゃホームだったと思います。
 
やっぱり先制点が全てだったかな。
いいパスがいい場所でいいブレーキの掛かり具合で。
曜一朗はそれ以前に決定的場面を演出する場面で止められたり、パスが通んなかったりしてた。
そうかと思ってたら、決めてくれと貰った場面で結果を出す。
後半の2得点目もそう。
絶対的存在にはまだなれていないが、今年のこのチームは曜一朗のチームなのだと、あらためて感じた。
 
順位も3位に再浮上。しぶとさも絶対的ではないが身に付いてきている。
 
何よりも結果が大事なこの1戦で勝てた上に4得点できたこと。
それができる力を示せたこと。
目をつぶって、それを賞賛することで終わらせてもいいのだろう。
 
ただ、見ていた人はわかると思うが、相手にもうちょっとの決定力があったら、今頃脳の血管が切れているような結末になっていた可能性もある。
リスクを潰す仕方がかなり甘かった。
失点した場面も含め、マズイ位置で相手に前を向かせすぎていた。
だいぶ疲れていたからとも言えるが、それも前半から左サイドの深いところに進入され過ぎていて、疲労が溜まっていったからでもあるだろう。
試合のスコアほど効率的に試合ができていなかった。
 
強さは持っているが絶対的じゃない。あやしいんだ、強さが。
どこのチームとやっても勝てる可能性は結構高いと思うが、大敗するリスクもかなり持っている。
堅実じゃないんだ、いろんな部分が。
それを感じた。でも徳島ヴォルティスに強さがあることもあらためて確信できた。
 
まあ、勝ったからこんなこと平然と知ったかぶって言えてる。
勝ち点3は勝ち点3。3位は3位。幸せだ。
 
札幌は北九州戦でも感じたけど、安易なミスをしたらやられる。
岐阜相手と同じような守備してたら大敗するリスクは格段に高い。
だから今日の自分たちをしっかり振り返ってリスクを小さくしてほしい。
ただ、相手は明後日ヴェルディと対戦だ。
ウチとの対戦に神経を回す余裕はないはずだ。
ヴェルディ相手なら結構体力の消耗も高くなるだろう。
こっちにはアドバンテージがある。
それを最大限に活かして次の大一番を勝利しよう。

|

« ここからは、恐れて負けてはいけない。 | トップページ | 嵐の夜に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここからは、恐れて負けてはいけない。 | トップページ | 嵐の夜に。 »