« 大きな山に挑める喜びを噛みしめて...次! | トップページ | サイトーくんを迎えてのQマリの夜 »

2011年9月30日 (金)

熊本戦の収穫。

家に帰ってきたら熊本戦の再放送をちょうどやっていたので視聴。
その前に千葉ロッテがどうにかこうにか連敗脱出するとこを観てましたが。
いやー、薮田勘弁してよ。
満塁でスンヨプ。スタンド行ったと思ったよ。
ああ、脱線しました。
 
んで、熊本戦。
先制点の流れ、まず奪うところがすごく良くて、熊本のディフェンスも焦ったと思う。
そこからシュートまでの流れも、時間を掛けずにいけてよかったと思う。
南の悔しがり方がかなり印象にのこった。
佐藤一人で組み立ててシュートまでいったみたいな形だった。
 
ただ、そこから先。
後半にも掛けてシュートまでいくこととか、せっかくいっても枠の上とかは勿体ない。
ホームランじゃあるまいし...そうだよ、薮田。ホームランかと思ったよ。
ああ、脱線しちゃった。
ちょっと慎重にやろうとし過ぎたのかな。
エジミウソンに引っ掛かるを気にしてたり、切り返してもっといいシュートチャンスを狙いすぎたとか。当たり前だけど決めるとき決めないと。次はそんなにチャンスはないだろうしね。
あと、長いボールとかアーリークロスあげる選手をフリーにさせ過ぎてたかも。
FC東京がそんなにロングボールとかアーリークロス多用するとは思わないけど、個の技術は高いからフリーにさせると精度の高いボールがくる。
全部を全部チェックして自由にさせないなんてできっこないんだけど、ある程度は寄せないと最終ラインに負荷が掛かりすぎてラインが下がるばかりになる可能性がある。
まだコンビの浅いCBの2人だから、なるべく負荷を下げてあげないと、熊本戦はスンフンやポストに救われたけどね。
 
2試合無失点で終われているのはよかった。
急造なんで緊張感持ってやれてるところがまたいいのかもね。
次の相手は先制点は絶対やれない相手なんで、スンジン、橋内コンビがんばれ。
先制点を与えなければ杉本に充分な時間も与えられると思う。
広大なスペースもできると思うしね。
そのためには失点しないこと(先にね)。
勝利の最大の功労者は佐藤だと思うけど、選手側で収穫が一番あったのはCBコンビだと思う。この2人でやれるという自信をね。

|

« 大きな山に挑める喜びを噛みしめて...次! | トップページ | サイトーくんを迎えてのQマリの夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな山に挑める喜びを噛みしめて...次! | トップページ | サイトーくんを迎えてのQマリの夜 »