« 結婚記念日と、「弘法筆を選ばず」のお話 | トップページ | 庭師道を進め! »

2011年9月25日 (日)

確かな手応えが収穫。

昇格圏内にいる同士のこの時期の一戦として見応えのある試合だったと思う。
一瞬たりとも集中を切らせない本当にテンションの高い試合だった。
互いが僅かなスキを狙い、読み合い、最後の門の前で撥ね返しあった。
その結果のスコアレスドロー。
札幌は勝ちたかったと思う。ここでウチに勝つことは勝ち点6以上の価値があったと思うからだ。
逆に、ヴォルティスからしたら、悔しさもあるが収穫も大きかったと思う。
 
一つは札幌を止めたという事実だ。
札幌は28日に試合がない。明日と水曜日の他の動向を見てるしかない。
勢いのある内に一歩でも抜け出したかっただろうが、混戦に引き止められてしまった。
ここからのプレッシャーは札幌の選手にも圧し掛かる。
勢いが止まってから再度加速することの難しさは他の上位クラブを見ても明らかだからだ。
 
そして二つ目。
試合内容から冷静に見ても札幌もウチもそんなに差(上か下かはわからないが)はないことが手応えとしてわかったことだ。
これは向こうにもいえることだが、互いに大きなミスがなければこういうスコアが妥当だということ。
ここ2試合で7点も取ってた攻撃陣をゼロに抑えたのだ。
相手の守備が堅いのはこっちは折込済み。
もちろん点を取る改善が必要なのは事実だが、ウチにはまだ見せてない武器もある。イケル手応えは得られた。結構大きい自信になると思う。選手達の試合後の表情からも感じた。
 
明日、千葉や鳥栖次第じゃ順位は一時的に下がるだろう。
だけどそれは自力で取り戻せる。
今日、最近一番勢いがある札幌相手にこういう内容で互角にやれたからだ。
柿谷も倉貫もポジティブに捉えている。
この試合だけじゃなく、この時期にこういう緊張感のある戦いができることを。
我々もポジティブに考え、臆さずにチームと一緒に戦うだけだ。
ここからは勝ち点を迂闊に失えない時期になる。
だが、今日の試合は負けることを怖がることなんか一つもないと選手達からのメッセージが籠もった試合だったと思う。
 
 
 
 
さて、試合後にツイッターでちょっと熱くなった。
ここ数日、いや以前から一体どこにプライオリティーが置かれているのか疑問に思わされることが多かった。
何をどう発言しようが個人の自由なんで、まあいいやと気にしないことにしていたのだが昨日、今日とあって簡単に言えばキレてしまった。
だが、キレたことを謝りたいわけじゃない。
 
去年、ある試合で次の言葉を問われたことがある。かなり厳しくだ。
「お前たちはどこを目指している。」
俺に向かって問われたわけでは決してなかった(相手は別にいた)が、そこにいた連中はみんな自問しただろう。
まあ、個人的な感情でどうしても嫌悪感から自分を解放できない人もいるだろう。
フロント嫌い、監督嫌いがかなり多くの人の心の中で根が深くなっていることもわかっている。
だが今すべきことはなんだ?
仕事だったら、今すべきことを常に冷静に考えて行動する必要がある。
サポーターは仕事じゃない。
だが行動規範は仕事も変わらない。仕事と同じくらい人生の中でプライオリティーが高いからだ。少なくとも俺にはそうだ。
だから同じように、今大事なことは何かを考え、できることをする。それの継続だ。
 
今何が一番ヴォルティスにとって大事なのだ。
愚問だろう。だが、あえてそれをいわなきゃならないくらい情けないぞ。
 
杉本を今どう使うかは監督の専権事項だ。
そりゃもっと早く使ってりゃ何か起きたかもしれない。
だがあくまでも可能性の話だ。
杉本だってもっと使われたいと思っているとは思うが、彼がそれを露骨に口にしてるわけじゃない。
VOICEで彼は下から這い上がっていくのが自分らしいと言っている。
全部本音かどうかはわからないが、そう自分に言い聞かせているのは確かだろう。
だから彼がいつか大仕事をやってくれると信じている。俺にはそれで充分だ。
 
杉本の件も、他の件も含め、監督をクビにする方法なんて今一番大事なことなのか。
フロントの悪口だの、監督の悪口だのネットで書いていて、只でさえフロントと溝があるのに、それでサポーターに不人気なんで監督を解任しますなんてなるわけない。
平岩はクラブの広報だ。選手にとって自分たちの情報を扱ってくれる大事な仲間だ。
選手にとっては着ぐるみヤローなんかじゃない。だったら我々にとってもそうだ。
ビラ配りだって、よそのクラブのゴール裏サポで自分たちからスタジアムを一杯にしたいと配っている連中もいる。
彼らはサポーターじゃないのか?徳島だけ違うのか?
 
今大事なことは滅私を言い聞かせて、もっとも大事なことに向けてクラブに係わる人間全部が同心でもっとも大事なことに専心することだ。
それは昇格以外の何ものでもない。
何か異論あるか?
あえて今回言わせて貰う。そしてこう考えるのがAWAN渦帝である。

|

« 結婚記念日と、「弘法筆を選ばず」のお話 | トップページ | 庭師道を進め! »

コメント

お久し振りです。

仰る通りですね。


今、クラブは本当に大事な時期、正念場です。
用意出来る条件の下、必死に戦っています。


それを理解出来る人達が大半だと思いますが、
それを理解出来ない、悪口や文句のみの人達も極々一部います。


そういう人達の病は治らない。


不要(笑)!。

投稿: おー | 2011年9月25日 (日) 13時16分

先に援軍到着ですか。
要はね、怖いんだと思います、昇格に失敗するのが。
落ち着かないのはわかりますがね。

投稿: AWAN渦帝 | 2011年9月25日 (日) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚記念日と、「弘法筆を選ばず」のお話 | トップページ | 庭師道を進め! »