« 残り8試合、やるしかない。 | トップページ | 未来を決める一週間の始まり。 »

2011年10月23日 (日)

千葉ジェッツ!ホームデビュー戦を延長での劇的勝利で飾る!!

Ca3f0304 今日が千葉県のバスケットファン、そして船橋市民にとって歴史的な日になるのか。
千葉に生まれたbjリーグ新規参入チーム、千葉ジェッツのホームデビュー戦の日を迎えました。
前にも書いてますが、私はバスケットは全くの素人。
実業団とかインターハイとかも含めてレベルの高いバスケットの試合を生で観るのも初めてです。
ワクワクする気持ちもありますが、だからあまり気負わず接しさせてもらおうと考えていました。
 
今日は天気が悪いとの予報。事実、朝方はかなり激しく降っていました。
近所の公園にある遊水池は一部で水が溢れて池の周りの遊歩道が水没。
Ca3f0279 池を住まいにするカモもビックリですが、予報ははずれて日中は日差しも出ました。
試合は室内ですが、そこに行くまでは当たり前ですが外なので雨が降っていないことは助かります。
というわけで夕方16時半くらいに自転車に乗り、5分ほどで到着する船橋アリーナに向かいました。
 
最寄の駅は新京成線・東葉高速線の北習志野駅と、東葉高速線の船橋日大前駅。
北習志野駅からはシャトルバスが出ますが、日大前駅からは徒歩です。
自宅最寄の日大前駅からはアリーナに向かうらしい人達が結構いました。
住宅街の路地を抜けてアリーナの裏門を目指します。

 
Ca3f0296 アリーナは既に開場していました。
入り口ではボラの人達、エンタメチームのチアの女性たちが出迎えてくれました。
後で気づいたのですが、エンタメチームのチアの女性は試合の応援をリードするだけでなく、こうやって入退場門でパンフなどを配ったり、グッズの宣伝をしたりと思っている以上にやることが多いようです。
試合中もハーフタイムや、オフィシャルタイムアウト中にパフォーマンスを披露しますが、衣装も何度も変わるのでタイムスケジュールへの高い集中力があるように見えて感心しました。パフォーマンスもカッコよかった。
あと、入り口で柿の種を貰いました。
Ca3f0313 実はこの日のハーフタイムではマツケンこと俳優の松平健が登場してマツケンサンバを披露。
柿の種は彼がCMをやっていた三幸製菓の製品だったのでした。
そういや、あのCMでマツケンの奥さん役はスーちゃんだったな。
 
それほど広くないロビーは既に結構大勢の人でごった返していました。
ちょっと歩きづらかったですが、どうにか試合会場内へ。
席種は5種類ありますが、初めてなのでなるべくよく見えるところで観たいと思いましたので、シートサイド(前売り2500円)の席を買っておきました。
比較的すいていて、見える角度がいいジエッツ側のベンチの反対側の前目の席を見つけて座りました。
 
Ca3f0324_2 ホームデビュー戦なのでいろんなイベントがありました。
チーム名を命名してくれた方の表彰、マスコットのお披露目、チームソングのシンガーによる生ライブなど。
そしてエンタメチームによるパフォーマンス、応援練習、そして選手やコーチの紹介などがあってようやく試合です。
 
開幕アウェイで浜松に2連勝しているジェッツ。
今日の相手は同じ新規参入組の横浜ビー・コルセアーズ。
噂では新規参入とはいえかなり強いらしいようです。
実際試合を見た感じ、素人目にですが横浜は上手いなあと思いました。
事実、1Qはタイスコアでしたが、2Q、3Qはリードを許して、8点差で4Qを迎えました。
ところが、浜松との2試合もそうでしたが、終盤に盛り返してくるジェッツ。
Ca3f0318 今日もそのジェッツ劇場がホームデビュー戦で繰り広げられました。
4Qも苦戦するジェッツは残り6分半ごろには10Pts差に広げられます。
そこからジワジワと追い詰めていきますが、横浜も対抗してファウルからフリースローを得て逃げていきます。
試合開始直後はおとなしかったアリーナの観客もこの辺になると急激に熱を帯びてきました。
横浜のフリースローでは会場中が思いっきりブーイング(?)。
すると外すもんだから、さらにヒートしていきます。
しかし、ジェッツは2人の外人が5ファウル。
厳しい状況に。
残り1分で、66-71。
残り45秒で3Pシュートが決まりますが、残り8秒でファウルからフリースローで69-72。
もう3Pシュートしかない状況。
そしてラスト3秒。
ジャメル・スタテンの3Pが決まって土壇場で追いつきました。72-72。
Ca3f0319 もう会場は総立ちです。時計みたら残り0.5秒でした。
そして試合は5分間の延長戦に突入します。
こうなるともうジェッツの勢いです。
この日シュートを外しまくっていた石田が3Pを立て続けに決め、突き放しに掛かります。
横浜も食い下がりますが、最後はまたも石田がファウルからのフリースローを2本決めて82-78。
これが決定的になって結局82-80で試合を決めました。
Ca3f0320 ホームデビュー戦、出来過ぎなほどのジェッツ劇場炸裂でした。
 
記念すべきこの日会場に訪れた1870人(だったかな)にはとても刺激的だったでしょう。
メディアへの露出が高くないbj。
こういう試合は記事も面白く書けると思うので明日の地元の朝刊は楽しみですね。
Ca3f0322 そしてそれはきっと素晴らしい効果を生むのではないでしょうか。
もっと観客が増えていくといいなと思います。
 
この試合の本当の評価はこの先何年か経ってみないと多分出ないと思います。
それはbjの置かれている状況が決して恵まれていないから。
だから何年か経って、千葉ジェッツが少なくとも船橋市民を主としてファンに本当に愛され、支えられているチームになった時、こう言えるようになるのではないでしょうか。
Ca3f0323 「ああ、あの伝説のデビュー戦はすごかったね」
今はこう言っておきます。
よろしく千葉ジェッツ。いい試合ありがとう。
 
 
 
さて、余談というかアリーナ近辺での飲食情報を少しオマケします。
北習志野駅からシャトルバスに乗ってしまうと店の前を素通りしてしまいますが、北習志野駅へ真っ直ぐ伸びた並木道。
坂を登っていく途中にあるいくつかのお店はおすすめです。
まず和菓子の「菓匠 白妙 習志野台本店」。
ここはかのテレビチャンピオンの創作和菓子部門で無双だった人が職人をしているこの地域きっての名店。
和菓子なので好みはあるでしょうがオススメします。
それからその先、ラーメンの「せい拉」。
ここのつけ麺をオススメします。あくまでつけ麺を...私の好みですが。
それからその先、アリーナ方向へ左折する手前の「中華料理五十番」。
ここもおいしいです。
北習志野駅の近くだと、駅の目の前、牛丼店と線路の脇を抜けていくとかのつけ麺で人気の「北習大勝軒」。
ここは行列が出来るので行くなら待つ覚悟を。でもおいしいです。
ちなみに子供が入れない時間帯があった気がします。
あとは駅手前で鎌ヶ谷方面に向かう道すぐにある寿司の「車鮨」かな。
回転すしじゃないのでちょっと高いと感じるかもしれませんが、ここは美味しいです。
 
こんなとこですかね。船橋日大前は開発中の住宅地なのでまだ正直何もないです。
次のジェッツ観戦は来月の秋田戦かな。

|

« 残り8試合、やるしかない。 | トップページ | 未来を決める一週間の始まり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残り8試合、やるしかない。 | トップページ | 未来を決める一週間の始まり。 »