« 3位に勝ち点1差に迫ってると考えりゃいいのさ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、千葉商大学祭に勝利を飾る! »

2011年10月29日 (土)

大学生さんとプロスポーツの未来

いいことの少なかった今季の千葉ロッテマリーンズですが、最後にドラフトで強運を引き当てられました。
西村さん、今季の”持ってる”をここで使ったのか?
まあ、今季の低迷は西村さんだけのせいではないと思います。
最大の”罪”は解任されたフロントの2人でしょう。
”功”もたくさんあったことも認めるけど、組織で一番大事な”人”を大事に出来なかったね。
出来る人、というより出来ちゃう人に有りがちな失敗の典型の気がします。
 
何かドラフトで今季の帳尻合わせみたいに入団イベントを企画してるような浮かれた動きを見せるロッテに対し、ハムが指名した東海大の選手は揉めてますね。
ハムが悪い、巨人が悪いとか、シンプルに言い切るのは難しい。
叔父さんが原監督ってことで、巨人に”就職”したいって本人の気持ちはわかる。
周囲はもっといろんな計算や、悪く言えば”欲”も絡んで巨人以外ないって本人よりはるかに堅く結束してただろう。
事前に指名すると挨拶してなかったと批判する関係者がいるが、挨拶したら有形無形で”ハム拒否”の動きが強まっただろう。
 
ただ、根底にあるのは野球やってる若者は可能性があるなら巨人でプレーしたいって人がいまだに圧倒的に多いことなんだろう。
これはシンプルな野球好きな若者の夢なんだからどうこう言えることじゃない。
彼は巨人に1位指名してもらえるレベルどころか、他の球団からも強行指名されるような選手に努力してなったんだから、彼の夢そのものはかなえてあげたい。
その夢を叶えられずに野球人生を終える人の方が圧倒的に多いんだから。
彼の未来が彼にとって悔いの残らない形になってくれることだけを祈ります。
 
でも、こういうことはプロ野球がある限り、永遠に起きつづけるんじゃないだろうか。
 
bjリーグ千葉ジェッツは今日もホームゲームがあります。
場所は船橋アリーナではなく、隣の市川市にある千葉商科大学のキャンパスで行われます。
今日明日の連戦は、千葉商科大学サービス創造学部の学生さんたちが立ち上げた千葉ジェッツプロジェクトがメインで参画しています。
学生が試合運営に参画するケースではヴォルティスも企画がありましたが、こちらではサービス創造学部の学部長や、ジェッツの役員も加わってのもっと学生主導的なプロジェクトみたいです。
こういうプロジェクトに係わりながら、プロスポーツクラブというエンターテイメントスポーツサービス事業を牽引していける人材の育成を目指しているかもしれません。
であれば、大勢のお客さんが観戦に来てくれるといいですね。
 
そしてジェッツに勝利あれ。
 
今日は久々に娘の習い事送り迎えして、帰ったらナビスコ決勝みて過ごす予定。
深夜はイタリアダービーですが、たぶん寝ちゃうな。
だって明日の試合の方が何倍も大事だし。

|

« 3位に勝ち点1差に迫ってると考えりゃいいのさ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、千葉商大学祭に勝利を飾る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3位に勝ち点1差に迫ってると考えりゃいいのさ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、千葉商大学祭に勝利を飾る! »