« サイトーくんを迎えてのQマリの夜 | トップページ | 何だよ、放出は間違いだったって。 »

2011年10月 2日 (日)

乗り越えていくしかない。引くわけにはいかない。

一言で言えばFC東京が強かったんでしょうね。そうおっしゃった方がいました。
うん、確かに。
でもね、実際はウチに足りないものが多かったからだと思う。そういう言い方のほうが妥当だと思う。
それをいくつも突きつけられ分、ただの敗戦以上にキツイ負けだった。
でも、乗り越えていくしかない。
まだ終わってないのだから。
 
全部で19本のシュート。
しかし、GK権田選手をその数ほどに焦らせることができたか?
今野選手はウチの勢いに圧力を感じてはいたようだが、その壁を破れなかったということはそのレベルの攻勢だったのか?
いろんな課題があからさまになったような気がして、そう簡単にはこれと敗因を言い切れない気もする。
実際そうなのかもわかんない。
予想外の展開だったし、それで完敗したのもあって、ちょっと整理がつかない。
あそこまでFC東京に対し前から奪えて攻勢に出れた。19本のシュートを打った。
んで、0-2。
 
采配に疑問を持った人もいていい。
悔しいのを監督に責を求めてもいい。
この試合に賭けてたのもは大きかったしね。
ただ、そこに逃げてはだめだ。
ネットでいくら言っても監督は辞任しないわけだから、それをどんなに汚い言葉でネットに流しても、自虐にしかならない。
それに、実際の敗因は采配だけじゃないからだ。
 
確かに采配には疑問点もある。
島村を使ってパワープレイに出てもよかったと思う。
島田を最初に使っていいクロスをもっとどんどん運んでいいシュートに繋げるプランもあったかもしれない。
しかし、何を言っても結果論だ。結果がこうだから”ヤメロヤメロ”と言う権利もあるがね。
 
佐藤には絶対決めて欲しい場面もあったし、後半にもチャンスはあった。
後半39分まで時間を貰えていたこと。
その信頼は佐藤は感じていないといけない。
そして、その信頼に応えられないとFWとしては失格で、自身にとって失うものが大きいことも。
 
それでもまだ試合は続く、昇格圏内から勝ち点2だ。2でしかない。
そして上にいる相手とはまだ対戦が残っている。
ショックの大きい負けほど、選手、サポーター、スタッフ全員でシェアして切り替えていかないといけない。
さあ、次だ。引くわけには死んでもいかない。

|

« サイトーくんを迎えてのQマリの夜 | トップページ | 何だよ、放出は間違いだったって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイトーくんを迎えてのQマリの夜 | トップページ | 何だよ、放出は間違いだったって。 »