« 世界との差 | トップページ | バルサとレイソルに見る育成組織の重要性 »

2011年12月18日 (日)

忘れちゃいけないこの一年

やっと風邪が収束してきて朝も楽になった。
昨日は散髪に行き、その後、テレビで天皇杯のマリノス-山雅戦を見て、年賀状のデザイン考えて、夜はTHE MANZAIを見て。
 
運命の廻り合わせを感じずにいられないマリノスと山雅の試合。
当然ですが両者とも、とても気持ちの籠もったいい試合でした。
できればもっといいコンディションのピッチでやらせたかったなと思いましたが。
マリノスの選手が試合終了後、山雅サポーターの前まで行って挨拶をしていました。
それに応える山雅サポーター。
感動的なシーンでしたが、首を捻り、ちょっと怪訝そうな表情をしながらマリノスコールをしているサポーターが画面に映ったりしてました。
ちょっと苦笑してしまいました。
山雅サポーターとしてのプライドが刺さっちゃったのかな?
 
私はサポーターとしては仕事人的なタイプなので、勝っても負けてもあまり感情が揺れることがありません。
そのせいか試合中もかなり冷静です。
年齢のせいもあるでしょうが、結構以前から俯瞰的に試合を見ながら応援してます。
もうちょっと単純に熱くなれる性格で、もっと社交的だったらなあと思うことがたまにあります。
そうだったら、こういう試合にいてもたってもいられなくなるんだろうけど。
 
山雅の2011年ってのは映画みたいな一年だったと思います。
実際、映画にもなってますが(途中までだけど)。
私も94年はそんな一年でした。
とにかく一生懸命に昇格を目指して、日本中回って...。
でも山雅サポーターみたいに大勢じゃなくて、20人にも満たない少人数でアウェイ戦ってた。
ホームは満杯だったんだけど、アウェイに行く習慣がまだなかった。
でも最終節は違った。
あの川越陸上競技場の風景は生涯忘れられない。
黄色いL旗が何千本とピッチをグルリと囲むようになびいていて壮観過ぎた。
さすがに熱くなった。
本当に映画のクライマックスみたいだった。
試合終了後にサポーターが全員ピッチに乱入して、市長が昇格できなくなると心配するぐらいムチャクチャになって。
 
山雅のサポーターもそういう思いをした風景を見たんだろうな。
それは一生の宝。
下部リーグから頑張って上がっていったクラブをず~~~っと応援してた人しか持たせてもらえない特別なモノ。
地域からJFL、JFLからJ2、J2からJ1。
でも時間が経つとそれを失くしちゃう人も出てくる。
だからこの一年を忘れないで、これからも応援をしてほしいなと思います。
この先はホント長い長いどこまであがってもゴールが見えない日々が待っているはずだから。
 
今年は春に大震災があって、この先が見えなくなるような日があって、今こうしているのが不思議に思えるくらいで。
そういう意味でもいつまでも忘れらない一年にしたいです。
 
THE MANZAIは決勝ラウンドもレベル高くてよかったと思います。
パンク・ブーブーは鉄板パターンでしたけど、それに去年より磨きが掛かっていた気がします。

|

« 世界との差 | トップページ | バルサとレイソルに見る育成組織の重要性 »

コメント

☆ブルーリバー

☆パラシュート部隊

徳島、来年は平均7.000人は入らないと!。

そっからです。話は…。


投稿: おー | 2011年12月18日 (日) 20時18分

今季の悔しさをどれだけの人が活かしていくかですね。

投稿: AWAN渦帝 | 2011年12月18日 (日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界との差 | トップページ | バルサとレイソルに見る育成組織の重要性 »