« あしたてんきになあぁれ | トップページ | ストーブの季節 »

2011年12月 4日 (日)

これからも見たことのない風景を求め続けよう。

2011年のJリーグが終わりました。
天皇杯、CWC、そして(年跨ぎますが)高校サッカーがありますが、ヴォルティスの2011年は終わりました。
最後は残念でした。
が、ヴォルティスの歴史の中で一番ヒリヒリする一年だったと思います。
みんなもそうだったと思います。
 
何が足りなくて辿りつけなかったのか?
率直に言えば、攻撃力、守備力、組織力、戦術、選手層、フロント力、そして...応援する側、特に量もかな。つまり全体。
足りないという言い方は妥当じゃないな。
意地もあるけど、伸び切れなかったと言いたい。
 
正直、シーズン当初の状況ではここまで来る、いけるとは思える状況じゃなかった。
それが来たのだ。
時間を経ても戦いぶりに強い軸が出来てきているようにも思えなかった。
それでも最終節までふんばってこれた。
いろんなところで弱さを抱えていながら、いろんなものを束ねて強さを作り、バカヂカラみたいなものを出して寄り切ってきた。
特に終盤のジェフ千葉戦、栃木戦、湘南戦はそんなバカヂカラを感じた。
それは応援している側にもいい影響を感じた。
私はこの3試合、アウェイゴール裏が時間を経るにつれ、異常なパワーに昇華していくのを毎試合感じた。
すごく充実感のある時間だった。
その成果がカンスタのアウェイゴール裏の姿になったのだと思う。
殆どすし詰めに近い状態で殆ど全員が立って応援していた。
あんな光景は徳島ヴォルティスとしてJリーグ参入以来初めてだったのではないか。
あそこまでなれたのだ。
 
だからこそ、この結末は残念だった。
 
勝ったにせよ、負けたにせよ、新しいスタートになることは変わらなかった。
あのカンスタでの試合前の状態が完成形ではなく、まだまだ大きく素晴らしくなっていく空のまた上の空はまだあった。
どっちに行こうと来季苦難が待っているのは正直変わらなかった。
だが、みんな頑張ってここまできたのだから、たとえラッキーとしてであったとしても、見たことのない風景の中に立てたらと思った。
だが、我々は見たことのない風景を見る資格を掴めなかった。
 
ミノさんには感謝している。
毎年、成績をあげてくれたのだ。
ここまで押し上げてくれたのだ。
監督の力量として限界一杯であったことは、他のみんなが感じていただろうと思うことと同じように感じていた。
ストロングポイントが最後までぼやけたままだったからだ。
たぶん、目指しているようなサッカースタイルにチームを持っていけないジレンマは感じてたんだろうと思う。
それが限界だった。
でも限界の限界まで突き詰めようという強い意志は最後まであった。
それを選手は感じていたのだと思う。
だから選手も勝ち切るカタチを目指して監督に付いていった。
限界の限界まで突き詰めることに付き合ったのだ。
結局、監督の限界でそこへ最後まで届けなかったのだが。
 
みんなのミノさんに対する評価は正しかったと思う。
だが、想像を絶するだろう努力しているのは感じていたし、明らかに迷っての采配もあったが上がり下がり上がり上がりてな感じで順位は上がっていった。
いづれ来る超えられない壁があることはわかっていたが、それを来季まで押し下げたかった。
結局それは残り2節でぶち当たってしまった。
 
だが私はミノさんのことはこの先もずっと心から感謝し続ける。
結果は結果だが、夢が現実になる境目を我々に視認させてくれたからだ。
あとは来季戦う新体制のチームと来季も戦う我々で乗り越えようと思う。
 
もっと強くならないといけない。
これが徳島の強さだというライバルに突きつけられる強い武器をもっと磨かないといけない。
この悔しさを忘れずに強くならないといけない。
そして、あれだけの人が区切られた狭い場所の中で一緒に感じた悔しさを自分たちの強さに変えよう。
岡山の運営ががアウェイエリアを広げなかったことが仇になるようにしよう。
それしかない。
強くなれるのがいつになるかわからないけど。
10年、20年、いやもっと掛かるかもしれないけど、それでも目指そう。
それしかない。
これからも見たことのない風景を求め続けよう。

|

« あしたてんきになあぁれ | トップページ | ストーブの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしたてんきになあぁれ | トップページ | ストーブの季節 »