« 千葉ジェッツ、アルビレックスに敗戦も... | トップページ | 君のゆく道 »

2011年12月27日 (火)

クリスマスプレゼントと叔父

クリスマスの三連休が終わり、あと3日働いて今年はオシマイであります。
娘や妹の子供へのプレゼントも渡し、年賀状も急ピッチで印刷した。
40枚くらいだからそんな大した数ではない。
年賀状をたくさん貰える人を少し羨ましく思うこともあるが、信頼できて濃い付き合いの友達が数人いるってだけでも幸せだとも思う。
 
Ca3f0475 娘への今年のクリスマスプレゼントはDSのソフトであった。
去年まではシルバニアとかリカちゃんといった女の子のままごと系のおもちゃだったのだが、今は8歳でゲーム機。
私の子供のころには思いつかないプレゼントだ。ゲーム機自体なかった時代だったのだが。
自分へのプレゼントはいくつか買ったのだが、ソニーのウオークマンのちょっと古い型のやつを買った。
普段携帯電話に音楽を入れて聴いているのだが、携帯では容量が少ないのと、電池が消耗して通話やネットで困るので、音楽を聴くのはウオークマンに役目を分担することにしたのだ。
奥さんは今さらウオークマンの時代ではないだろう(ipodのことを勧めていた)と言っていたが、私はウオークマンには結構思い入れがあるのでやはりウオークマンにしてしまった。
初めて買ったウオークマンは大学生のころだったかもしれない。
当時はカセットテープのウオークマンだったが、その当時の最高音質のヤツを買った。
雑誌ですごく高い評価を貰っていたが、評判どおりのいい音だった。
携帯電話でソニエリのやつを以前使っていたが、それも音質がよくて気に入っていた。
だから私はウオークマン信者なのです。
 
Ca3f0456 そして昨日、ディズニーシーに行ってそれぞれに簡単なメッセージを書いて、パーク内のポストに投函した。
毎年ここにきて投函しているのは、はがきにパーク特製のスタンプを押して発送してくれるからだ。
で、パークでしたのはそれくらい。
ニューヨークデリでコーヒーとスイーツ食べながら年賀状を仕上げて、投函して帰る。
なんとも贅沢なことである。
だけど、シーの楽しみ方として特に何もアトラクションに乗ったりせずに軽く食事してブラブラ歩いて帰るのは私は悪くないと思っている。
Ca3f0459 ちょっとした場所から周りを見回したときに、ふとインスピレーションが沸くような風景がそこかしこにあって、それを見つけるのがまた楽しい。
というわけで、今回乗せているのは昨日撮った写真。Ca3f0462
あえてモノクロでも何枚か撮ってみたら、なかなか興味深い写真が撮れた。
年が明けたらまた行く予定があるので、そこでまた写真を撮ってみようと思う。
 
今日、母から夜電話があり、母の弟、つまり私の叔父が亡くなったとの知らせを受けた。
その叔父は昔から足が不自由で歩けなかった。何が理由なのかは聞いたことがなかった。
Ca3f0461 だが優しい叔父だった。
祖母や母の姉である私にとっては叔母と一緒に長年暮らしていたが、祖母が亡くなり、叔母も老いて記憶などが定かでなくなってきたため、一緒に施設に入って生活していた。
10年くらい前に会ったのが最後だった。
そのころからずっと体調が悪かったはずで、最近はずっと寝たきりになっていて会話も十分にできていなかったらしい。
本人的にもずっとつらかっただろう。
祖母は生前、身体が不自由な末っ子である叔父をずっと心配していた。
自分が亡くなったら、この子はどうなるんだろうといつも言っていた。
だが祖母の死後は、前述のように施設には入っていたが、母や母の長兄である叔父が世話を見ていたので祖母の心配は稀有に終わった。
Ca3f0480 そして今、叔父の死を思う甥として感じるのは、率直な気持ちとしては叔父はやっと母である祖母のところへ行けることになってよかったかもしれないという気持ちである。
ずっと心配していた祖母もこれでやっと安心できるのではないだろうか。
他人の死だったらこんなこと言わないが、甥としてあえて言わせてもらえるなら叔父と祖母にとっては最後のクリスマスプレゼントだったかもしれない。叔父も祖母が大好きだったから。
叔父には祖母によろしく伝えて欲しいと思う。
じゃあね、カズヨシ叔父さん。

|

« 千葉ジェッツ、アルビレックスに敗戦も... | トップページ | 君のゆく道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、アルビレックスに敗戦も... | トップページ | 君のゆく道 »