« アルテ高崎のJFL退会に思うこと。 | トップページ | 開幕カードが発表! »

2012年1月17日 (火)

いくつか小中ネタにコメント。

今日は大きなネタがないので、いくつかの小中ネタについてコメントをしていこうと思います。
 
まず、ミラノダービー。
久々に注目してました。
シーズン当初は絶不調で監督を解任したりなど下位にも低迷していたインテルですが、最近は5連勝と復調。
怪我人も復帰してきて、ようやく陣容が揃った上に、チームのメンタリティも向上してきた中でのミラノダービー。
非常に重要な意味を持つ試合でした。
負けると再びチームがしぼみかねない最大のライバルとの決戦で勝ったことの意味はとてつもなく大きいと思います。
長友も頑張ってましたね。
サイドハーフなんて珍しいポジションでプレーしてもいました。
何よりも嬉しかったのはゴールを決めたのが、大好きなプレーヤーであるディエゴ・ミリートだったこと。
かつてモウリーニョ体制下では数多くのゴールを決めて、欧州制覇の立役者になった彼も昨季、今季と苦しんでいて、2011年度の最も期待を裏切った選手に贈る「金のバケツ」賞なんかに選ばれたりしていました。
でも、ダービーでの決勝ゴールで3試合連続ゴール。
彼が彼らしさを取り戻したことが一番嬉しいなあ。
 
ヴォルティスの補強。
一時はどうなるかと思いましたが、ここに来てまずディフェンスはどうにかなったかなと。
一度契約満了を発表したエリゼウと再契約したってことは、意中の他の選手と交渉が上手くいかなかったんでしょうね。
でも大久保と那須川の獲得は大きいと思う。
栃木の松田監督が取材陣のインタビューで大久保の退団について訊かれていたくらいだし。
あとは攻撃陣で違いを出せる選手を獲得したいところ。
まだ時間はあるし、今週は期待して待ちたい。
まあ、でもヴォルティスの強化部が限られた予算の中の仕事で成果を出すことにはあらためて驚く。
みんなどう思っているかはわからないが、私はヴォルティスは選手を獲ってくる側のクラブではないと思っている。
そんなに予算があるわけでもないとも思っている。たぶんその通りだろう。
だから獲得できる選手には上限があるし、他クラブとの競争力もまだ高くない。
その中で仕事をしてくれるフロントにはあらためて敬意を払いたい。
その努力をサポーターがどこまで理解してあげられるか。
そしてその思いをどう応援する側が表現できるか、だね。
 
カズのFリーグ参戦とbjリーグオールスター。
昨日のすぽるとで特集されていたのを見ました。
前者は知っている人がでてきたりしましたが。
双方に共通していたのは大勢の観客を動員してプレーを見せることが出来たということ。
これで劇的に双方の状況が変わるとまでは思いませんし、あくまで一つクサビだとも思いますが、ここにステップを作ってさらに上を目指すということでは大きな意味があったのではないでしょうか。
それこそ、大勢のヴォルティスサポーターが参戦してくれた昨季最終戦の岡山と同じ意味を、勝ち負けという結果に関係なく、持っていると思います。
ここからだなと思います。
ただ、カズに頼りすぎじゃないのという感じも少々。
ヒデが既にサッカー界から外れてしまっていることもあり、カズの他にスターが育ってない現状があらためて浮き彫りになったようにも思えます。
まあ、これはカズ選手に責任があるわけじゃ全くないんですが。
 
個人的なネタではパスポートを取得しました。
もう何年も海外なんか行ってないんですが、奥さんが3月に職員旅行で台湾に行くためのついでで家族3人でパスポートを取得。
奥さんはいつかフロリダに家族で行きたいと言ってました。
それが適うのはいつになるかな。
 
年末から1月にかけて買ったガンプラやガンダムフィギュアが4体目。
さすがに置くスペースがきつくなった。
通勤ラッシュ時のバスみたいに詰めてくださいななんてプラモたちに要求できるわけでもない。
やっぱ、ある程度カッコよく、よく見えるように飾ろうとするとスペースがいるしね。
さてどうしましょうか。

|

« アルテ高崎のJFL退会に思うこと。 | トップページ | 開幕カードが発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルテ高崎のJFL退会に思うこと。 | トップページ | 開幕カードが発表! »