« 成人式のころは...。 | トップページ | 恒例の舞浜旅行で気づいたこと。 »

2012年1月10日 (火)

倉貫くんへの感謝の気持ち。

今年のストーブリーグは結構激しい気がします。
J2でもかなりの人数が動いていますね。
知名度以上に能力重視で人の獲得に動いている気がします。
もうそんなに獲ってるのみたいなクラブが多くてちょっと驚きも。
 
そして肝心の徳島ヴォルティス。
今のところは収支マイナスでしょうね。
昨季の主力の流出が多いので今季どのようなチームになるのか全く見えてきません。
もっともこれからまだ出てくるでしょうけど。
 
今日の倉貫選手の移籍はちょっと驚きでしたね。
今日昼に買ったエルゴラッソ イヤーブック2011のヴォルティスのページでも彼が3年半でチームに施してくれた功績が紹介されていました。
彼が加わった頃はチームが最下位だったころで、それでも彼の佇まいが他の選手と明らかに違っていたのを何となくですが感じてました。
キャプテンは柴村くんだったけど、移籍直後から実質的キャプテンは倉貫くんだったんじゃないかな。
当時のアウェイ水戸戦で、試合前のアップ時に挨拶に来た選手達に対し、私が選手、サポーターの気持ちを一つにしたい、そうして勝利したいので、突然で悪いけど何でもいいから一言くれと選手達に頼んだときがありました。
突然のお願いに当然選手達は戸惑ったが、柴村くんをつつくようにして促したのは倉貫くんだった。
そして柴村くんは俺たちにメッセージをくれた。
その試合は負けてしまったけど、私のサポーター人生の中でも印象に残るシーンだった。
 
試合後に話しかけたこともある。
真摯に私のちょっと意味不明だったかもしれない話を聞いてくれた。
 
彼が退団することはミノさんと退団とあわせ、一つのサイクルが終わりを迎えた象徴的な出来事のように思います。
正直、損失はすごく大きいと思う。
彼に続いて退団する主力がでてきても不思議じゃないくらい大きいんじゃないだろうか。
でも、これは一つの避けられない終わりなんだと思います。
退団しなかったとしても、実質的にヴォルティスでの彼の仕事は終わってしまっていると感じた気がします。
だから、笑顔ではムリだけど、送り出してあげようと思います。彼のサッカー人生ですから。
ありがとう、倉貫 一毅。まだまだ頑張れ。とても感謝してる、とても。君が違うユニフォームを着て敵として現れてもブーイングはしない。君がくれたものはとても大きいから。

|

« 成人式のころは...。 | トップページ | 恒例の舞浜旅行で気づいたこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成人式のころは...。 | トップページ | 恒例の舞浜旅行で気づいたこと。 »