« 2012日程発表! | トップページ | 坪井近隣公園の遊水池の住人たち。 »

2012年2月 4日 (土)

千葉ジェッツ、歓喜の100点ゲームでホーム連敗脱出!

bjリーグ千葉ジェッツは本拠地船橋アリーナで昨日3日、本日4日と埼玉ブロンコスとの対戦を迎えました。
 
昨日は序盤はリードするものの、3Q、4Qに守備が崩壊して逆転負け。
自滅に近い形でホーム連敗を5に伸ばしてしまいました。
 
今2連戦からジェッツは陣容に変化がありました。
1月31日付でジャマル・ホルデンとの契約を解除を発表、翌2月1日付で元埼玉、高松のアントワン・ブロキシーの加入を発表しました。
アントワンはディフェンスが持ち味との評判。
ちょっと安定感を欠いている最近のジェッツディフェンスを立て直して欲しいところ。
残念ながらジェッツデビュー戦は結果を出せませんでした。
 
今日は1Qは一時8点をリードするものの、終盤にかけて埼玉の追い上げを許し1点差で終えます。
しかし、ハードなディフェンスや、アントワンのブロックなどで埼玉に得点を許さない場面も多く、これまでのジェッツではあまり見られなかったディフェンスシーンが多く見られました。
 
しかし、2Qは千葉ジェッツが一気にリードを広げます。
中村がリバウンドで活躍。
特にオフェンスリバウンドでの活躍が目立ち、2Qは24-6と圧倒的なスコアで終えました。
前半を終えて47-27。
20点差という大きなリードを得て折り返しました。
 
Ca3f0580 3Qも主導権を握ったジェッツ。
攻撃面で以前よりも速いパス回しからリング下でフリーで受けて得点をあざやかに決めるシーンもあり、そこにアントワンが絡んでいるシーンも多く、ディフェンスが持ち味といいながら、攻撃面でもアントワンはチームを牽引していました。
また、豊富な経験から選手達への声を掛けでチームをリードしているようにも見え、今のジェッツにはアントワンは今後大きな効果をもたらしてくれそうです。
 
ここでも中村が守備で活躍しましたが、オフェンスでは石田も大活躍。
2Qには積極的にインサイドに切り込んで強い印象に残るレイアップを決め、3Qでも3ポイントを2発決めました。
3Qを終えて77-51。
 
4Qも力強いディフェンスとスピーディな攻撃でリズムを掴むジェッツ。
石田もスティールを連発。
4Q自体のスコアは26-33となりましたが、効果的に3ポイントやフリースローを決めたことで、久しぶりの100点オーバーの大勝となりました。
 
Ca3f0585 試合後は、ここ最近で誕生日を迎えた中村(今日が誕生日)ら4人のバースデーを祝った(ブースター有志がケーキを用意)。
試合中はエンタメチームの男性ダンサーAKINGさんがタイムアウト時に観客席のウェーブをリードして盛り上げるなど、とてもいい雰囲気が試合中ずっと保たれていました。
失点がやはり多いのはともかく、それ以外は選手、エンタメチーム、観客全てが幸せな空間をそれぞれの役割で創り上げた。
Ca3f0590 観客数は1215人(だったかな)。
まだまだとも思えるが、結果はともかく今日みたいな雰囲気の試合を続け、それをもっと広報していくことでファンを増やしていけると思います。
 
そのジェッツは今週、会社としても大きな変化を迎えた。
千葉ジェッツを運営する株式会社ASPEは2012年2月1日付けで、新しい社長に島田慎二氏が就任しました。
報道では、昨年11月からASPEの執行役員として経営に合流し、組織作りなど経営面をサポートしてきたとのことです。
また、これまでASPEの筆頭株主であったBPS株式会社が株式を全て新オーナー陣に売却し、ジェッツのプロジェクトから離れました(BPSの渡辺社長のブログより)。
いろいろなことがあったんだろうなと仕事柄、年齢柄推測してしまいますが、それはさておき、このように会社としても大きな変化点を迎えたジェッツ。
今日の勝利をいいリスタートとして、チーム、フロント、ブースター(ファン)、地域が強く繋がっているコミュニティとなっていってほしいです。

|

« 2012日程発表! | トップページ | 坪井近隣公園の遊水池の住人たち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012日程発表! | トップページ | 坪井近隣公園の遊水池の住人たち。 »