« あれから一年の日に試合ができたことに感謝。 | トップページ | ホラ、勝った。 »

2012年3月13日 (火)

千葉ジェッツ、埼玉戦は1勝1敗。そしてbjに残念なニュース。

bjリーグ千葉ジェッツは10日(土)、11日(日)に春日部にて埼玉ブロンコスと対戦しました。
結果は1勝1敗。
前節は信州ブレイブウォリアーズに2連敗していたジェッツ。
初戦は71-81で敗れましたが、2戦目に81-69で久々の60点台での失点に抑えるディフェンスの奮闘で勝利を掴みました。
ジェッツの課題はまさにディフェンス。
イースタンで平均失点は最多。リーグ全体でも2番目に多い失点をどうにか減らさないと、この先が見えてこない状況です。
次節はイースタン首位の浜松。
今季開幕でリーグデビューとなった2連戦では連勝していますが、今回はそんな上手くはいかないでしょう。
しかし、ディフェンスが機能すれば接近戦に持ち込めたとき勝機が強くなると思います。
頑張って欲しいです。
 
さて、bjリーグでは今日、残念なニュースがありました。
大阪エヴェッサのエース、リン・ワシントンが大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕されたことが明らかに。
ワシントン選手はプレーオフ決勝でMVPを2度獲得しているほか、オールスターゲームでも2年連続MVPを獲得したリーグの看板選手と言ってもいいプレーヤー。
このような看板選手が逮捕される事態になったということは大阪エヴェッサだけでなく、bjリーグ全体の信用にも係わるように思います。
問題は先月夫人が逮捕されていた時点で、大阪とリーグはどう調査をしていたのかでしょう。
逮捕される可能性をどこまで知っていたのか、それで試合に出場させていたのはどういう見解だったのか。
仮に無実であると判断していたのなら、その根拠は?そしてこれからもその根拠を元にワシントンを信じるのか?
この辺りがどうなっていたのかが信用に係わる重大なポイントで、スポンサーは当然のこと、ブースターにも説明が必要です。
bjリーグはゲーム中、5人中3人の外国人プレーヤーが同時にプレーできるルールであり、外国人プレーヤーへの依存度がとても高いリーグです。
よってこの問題は間違えると今後のリーグの将来にも大きな影響を与える可能性があります。
重大な関心を持って見守りたいです。

|

« あれから一年の日に試合ができたことに感謝。 | トップページ | ホラ、勝った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから一年の日に試合ができたことに感謝。 | トップページ | ホラ、勝った。 »