« 千葉ジェッツ、1ヶ月ぶりのホームも2連敗。 | トップページ | サッカーな平日 »

2012年3月 4日 (日)

新生ヴォルティス、初戦に北九州に耐えた勝利で発進!

いよいよ新生ヴォルティスが発進しました。
関東圏は好天とはいかなかったが雨だけは降らなかったので、味スタのヴェルディ-山雅、フクアリの千葉-山形と熱気に包まれた。
しかし、ヴォルティスの初戦となった本城は雨、風、寒さの三悪条件の中での試合となりました。
 
大事な初戦のスタメンにはスンフンが負傷したため榎本が起用されました。
また、ディフェンスラインは4人中3人が新加入、特に右サイドバックに花井が起用されたのは少々驚きでした。
そして2トップにもジョンミンが起用されて初陣が始まりました。
ピッチコンディションは水しぶきは立たないもののかなりスリッピーで足の速いボールが目立つ状態。
そんな中では前半は北九州ペース。
よく走るし、よく追い越していく北九州にサイド、特に徳島右サイドを池元を中心に崩されるシーンが多く、しばしばピンチを迎えましたが、サイドネットに逸れたり、榎本の好守に救われたシーンもありました。
徳島は「まず守備」をはめていくことから入っているようで、そのせいもあるのかライン設定が低く、低すぎるから圧されているようにも見えました。
攻撃では鈴木達也の突破からジョンミン、クリアのこぼれ球から津田がそれぞれ1度好機を迎えたがシュートは決まらなかったが、正直それ以外に好機はなかった。
 
後半は守備を厳しくいく高さを調整したため、かなり改善されてきたのですが、それでも中盤で寄せが甘くなったシーンでは押し寄せるように走って上がってくる北九州の強いプレッシャーを引いて受ける場面もあった。
そんな中、64分、右サイドへの展開からのアーリークロスをジョンミンが競ると、ふわっと上がったボールは弧を描いてGKを越えてゴールネットに刺さる。
待望の先制点を決めたヴォルティスだが、70分に北九州の新加入FW端戸にスルーパスに反応されて同点にされ、嫌な展開に。
その後は緊張感の高い展開が続く中、小林監督はジョンミンに代えてジオゴを投入すると、そのジオゴが競ったボールをキープしてゴール前に侵入し、津田に絶妙なラストパス。
これを津田がキッチリと決めて歓喜の決勝点を決めてくれました。
 
まだまだやりたいサッカーが嵌っていなかった感が強いですが、気象条件とかも多少影響はしただろうし、初戦はまず結果を得たことで◎としましょう。
注目の鈴木達也は豊富な運動量で広いエリアをカバーしていました。
彼がしてくれる仕事はかなり多そうです。
まだ攻撃の形が見えてこないですが、それも次節いい天気の下で岐阜を相手にホームの観客に披露してほしいです。
 
今日は他にヴェルディ-山雅、千葉-山形、一部だけですが甲府-栃木を見ました。
千葉は米倉を欠いてもクオリティーが下がっていおらず、山形に殆どシュートを打たせていませんでした。
甲府は片桐が今季J2の中で最も危険な選手であることを証明していました。
山雅は十分戦えるチームであることを教えてくれました。
ヴェルディの小林祐希はその才で魅せてました。
京都が敗れたことで混戦模様が増しました。
ハッキリ言ってますます面白くなってきました。
さあ、長い一年の始まりです。

|

« 千葉ジェッツ、1ヶ月ぶりのホームも2連敗。 | トップページ | サッカーな平日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、1ヶ月ぶりのホームも2連敗。 | トップページ | サッカーな平日 »