« あれから一年。 | トップページ | 千葉ジェッツ、埼玉戦は1勝1敗。そしてbjに残念なニュース。 »

2012年3月11日 (日)

あれから一年の日に試合ができたことに感謝。

あの震災から一年。
同じ時間にたまたま気づいて空を見上げました。
一年前のこの時間は、まだ激しく揺れ続ける床にしゃがみこんでいるしかなかったのを思い出します。
 
そして、他のJリーグの試合でもそうであったように鳴門でも試合前に黙祷を捧げ、今季開幕戦が行われました。
 
前節は北九州の勢いあるサッカーの前に少ないチャンスをものにする形で勝利だけは持って帰ったような試合をしたヴォルティス。
天候等、気象条件が厳しかったのである程度は仕方ないとは思われ、やはりもっと条件のよい試合で今季どう戦っていくのかを見たいところです。
こう言っては何ですが、相手が岐阜であることはそれを見せてもらうための相手としてはうってつけかなと思われます。
 
前半はジョンミンと津田の2ゴール。
ジョンミンのシュートはアウトに掛かりすぎたのか、曲がりすぎじゃないのってくらいシュート回転して、キーパーを遠回りして枠に入っていった。
2点目は正直言って、津田のドリブルが嵌ったって感じだった。
3点目は後半開始直後にセットプレーからエリゼウのヘッド。
結果は3-0。スコア的にはホーム開幕戦としては最高の結果だと思う。
 
ただ、鈴木達也がボールを持つと攻撃のスイッチが入る感じではあるが、合わせてあがっていく選手が少ないし、上がりや追い越しも遅い気がした。
だから鈴木から次につなぐターゲットが少ない。キープできればいいが、そうすると遅攻になってしまい、相手選手も戻ってきてしまう。
ボールが入るとき、受けるときの動きにもう少し工夫がまだまだ足りないし、ボールをもっていない選手のフォローやスペースを確保する動きも少ない。
だからせっかく受けても相手選手を背負っていたりする場面が結構多かった。
全体的な運動の質、量をまだまだ上げていかないといけないだろう。
こんな感じで戦い方としてはまだボンヤリしたところが多かった気がする。
もちろん、新監督や新加入選手が加わった新チームにそこまで求めるのはムチャだろう。
この時期はまず勝ち点を積み重ねて、上位に拠点を築くのが最重要で、質はその過程ですこしづつ改善していけばいい。
まだ2試合目であり、得た勝ち点も6とこれ以上は望めないわけだから。
 
勝とうが負けようが次の試合が最も大事な試合である。
次は栃木。
2連敗していて次は必死に来る。
そのための一週間をで何ができるかがカギ。
まだまだ離陸直後である。
 
そしてあれから一年の日に試合をやれたことを感謝しよう。
もちろん、勝てたことも。
我々は自分たち以外の人達のためにも前に進み、目指すものを掴むための姿勢を見せていかないといけない。

|

« あれから一年。 | トップページ | 千葉ジェッツ、埼玉戦は1勝1敗。そしてbjに残念なニュース。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから一年。 | トップページ | 千葉ジェッツ、埼玉戦は1勝1敗。そしてbjに残念なニュース。 »