« ホラ、勝った。 | トップページ | あと一歩、あと半歩のところ。 »

2012年3月18日 (日)

焦る必要はない。

関東では一日雨だったが、徳島では雨はなかったが風が強かった。
昨日、四国では春一番が吹いたそうだ。
鳴門はいつもあれくらい吹くのだから、そう気にすることでもないのだろうけど。
 
昨季の主力に移籍され、今季の主軸も離脱中の栃木を迎えての第3節。
アクシデントとも言えるPKを取られて、その1点に泣いてしまった。
とはいえ、自分たちの現在位置を振り返る上では決してマイナスばかりの敗戦でもない気がします。
津田が個人の突破でゴール目前に迫ったときも、鈴木達也が切り込んでいったときもあった。
でも決まらなかった。横に逸れていった。
チーム全体としての現在位置を示している意味では象徴的な感じだった。
あそこでもう一歩冷静さが出せるようになったら本当に強くなる。
あそこで回りにもっと詰められるような嗅覚と行動をもった選手が増えてくれば決まる。
当たり前なことだけど、そういうことなんだ。
今日の試合、焦ってしまったようにも見えた。
まだ自分たちに自信が付ききっていないのかもしれない。
焦らずに攻めきることができるようになれば、防がれることもあっても、最後は決められるようになる。
この敗戦を次に生かして欲しい。
まだまだ長いリーグ戦。
焦る必要もない。
 
次節は草津。
強力な中盤とヘベルチという新兵器を擁している。
正直強敵だ。
こういうときに迎える相手としてはむしろ打ってつけ。
乗り越えて自信をつけよう。

|

« ホラ、勝った。 | トップページ | あと一歩、あと半歩のところ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホラ、勝った。 | トップページ | あと一歩、あと半歩のところ。 »