« 千葉ジェッツ、最終戦は敗戦。東地区9位で着陸。 | トップページ | スポーツジムにデビュー! »

2012年4月30日 (月)

泣きたいのは皆同じだ。顔をあげろ!

水戸での試合というと天気が悪いというイメージがある。
相性が悪いというのもそうだ。
去年もそうだった。
今年も最悪な状況で行くハメになった。
 
それでも選手達を後押しし勝利を持って帰るんだというミッションは変わらない。
こういうときだからこそ、後押しが必要になる。
前節の甲府戦では居残りが騒動として取り上げられたが、今日聞いたが決して抗議ではなかったとのことだった。
だが、状況がそう取らせなかった部分もあったと思う。
もちろん、同じサポーターとしてこの手段を否定はしない。
クラブにありがたいことだけしてもいいことはない。
それよりもクラブに言いたいことは、以前にも言ったが、我々の首に鈴が付けられさえすればいいと思ってたら大間違いだということだ。
鈴を付けたらむしろ止められなくなる人達を甘く見ないほうがいい。
 
いろいろな悩みを抱え迎えたアウェイの水戸戦だった。
もちろん選手達にも応援されるだけでなく、示してもらわないといけない最低限な姿勢が求められていた。
序盤からそれは見られていた。決定的なチャンスは何度もあった。
ただ、俺は不安も感じながら見ていたことも事実だった。
相変わらず決まらないからだ。
それにサイドから幾度かチャンスは作っていたが、サイドを攻めているというより、サイドに押し込まれた中で狭いところを打開しているとも見えていて、決して器用には戦えてなかった。それを今望むのは酷なのかもしれないが。
クロスを上げる位置も深かったが遠くもあった。
ゴール前に届くまで時間が掛かるから相手DFに構える時間も与えてもいた。
もっと中央のスペースを使えと思うくらい、ポッカリと誰も使わないスペースがバイタルにあるときも目に付いた。
そして次第に勢いは萎み始めた時、ファウルが増えだし、嫌な場所でもファウルを与えてしまった。
マークをキレイはずされてゴール中央に押し込まれた。
 
不安を感じていた先制された後の戦いぶりはこの日は改善されていたと思う。
後半も積極的にゴールに迫った。
サイドからチャンスも作った。
1点差のままなら最後までチャンスはあると思っていた。
が、意外な形でその希望は砕けた。
上里の自陣方向へのヘッドでのパスは開いていた両CBのちょうど真ん中、そしてそこにいた水戸の西岡選手の足許にストッと収まった。
89分のことだった。
 
その直後に奪ったPKと得点。
複雑な思いは否めなかった。
それでも久々の得点だ。
得点よりもこの時間に執念のように何とかもぎ取ったPKのプロセスにかすかだが希望を持ちたい。
そう思わないとやってられない。
 
Ca3f0763 試合終了後、我等の前に来た選手達。
上里は泣いていた。
そんな上里をコールして励ます俺たち。
でもね、お人好しだけでコールしたんじゃない。
泣きたいのは俺たちも同じだ。
先に泣くな、上里。
俺たちのコールに籠めた思いわかるか、上里!
 
試合後のサポミは皆でこれからを話し合った。
ジレンマに縛られている俺たち。
出来ることは限られている。
選手達の頑張りは感じた。
だから選手達にこれ以上ツライ思いもさせたくない。
 
Ca3f0765 ミーティング後、帰ろうとシャトルバスに向かった途中である人と会話ができた。
そこで感じたこと。
たぶん選手達に監督の考えているサッカーのイメージは伝わっていない。
選手達は悩んでいる。
どうしたらいいかわかんないでいる。
多分間違いない。
それでも応援してくれることを望んでいる。
さあ、どうすればいい?

|

« 千葉ジェッツ、最終戦は敗戦。東地区9位で着陸。 | トップページ | スポーツジムにデビュー! »

コメント

どうすればいいと思いますか?

投稿: | 2012年4月30日 (月) 21時28分

正直すぐに答えが出ませんね。
ベストなものがないですね。
全員がハッピーになるようなのが。
帰り際に話をした人の表情を思い出すと尚更そう思います。
ただ、そう考え続けていられる時間もそうありません。
サポミで話した覚悟があるんですが、それもぶれてもいません。

投稿: AWAN渦帝 | 2012年4月30日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、最終戦は敗戦。東地区9位で着陸。 | トップページ | スポーツジムにデビュー! »