« スポーツジムにデビュー! | トップページ | 希望の一刺し? »

2012年5月 4日 (金)

やはり勝ち点3が一番の良薬。

新規昇格組と試合をするのは結構リスクが高い。
特にチームがこんなどん底状況では。
水戸戦の試合後もみんなそれを気にしていた。
 
とにかく勝てたことでスタッフ、選手、サポーターみんなホッとしている。
やっと気分良く眠れるから。
そりゃ昇格狙ってるんだから内容だって求めたい。
それこそ新規昇格組相手なら。
ましてや鳴り物入りで上がってきた山雅が相手なら。
でも今回は勝ち点3を取れたことで満足しなきゃ。とりあえずね。
 
鈴木達也がインタビューで応えているように甲府戦後にスタッフ、選手全員で意見交換をしたらしい。
水戸戦での試合後、ある人と話をしたときにスタッフ、選手間のコミュニケーションに不安を感じただけに、それでも意見交換はされているんだなと少し安心はした。
もちろん、一度そういうことをしたくらいで解消されるとも思っていないし、そこで結果がでなかった水戸戦の試合後なら話し合ったことの効果を疑問視してしまうこともあったのかもしれない。
でも今回結果が得られたので、またコミュニケーションして次も結果を出していくことが今もっとも大事なことだと思う。
選手達に言いたいことは、もっと自分を信じてくれと、必ず今日みたいに光りは差すからと。
 
正直、自分も今日の試合はすごく不安を感じていた。
不謹慎だが、今日負けることの方がポジティブな方向に向かうんじゃないかとも少し思ったし。
でも、やはり今は勝ち点3が一番大事でいい薬にもなると試合後に実感した。
我々サポーターもネガティブなスパイラルに囚われすぎないようにしないと。
そりゃ、今のスタッフが信じられるかどうかという気持ちは今回勝ったくらいで拭いきれないだろう。
だが、采配がどうであれ、ピッチで戦い局面で個の力で勝負しているのは選手達なのだから、その局面で打ち勝てるように選手を押してやろう。
そこで勝たせることが出来れば、一番簡単に勝利に近づける道となるのだから。

|

« スポーツジムにデビュー! | トップページ | 希望の一刺し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツジムにデビュー! | トップページ | 希望の一刺し? »