« それでも心に余裕と選手への信頼を。 | トップページ | こういう試合こそ拍手すべきではない。 »

2012年5月30日 (水)

ACLで勝つには何が必要?

ACL決勝トーナメント1回戦で日本勢が全て敗退。
ん~~~、残念。
 
何故3チームとも敗退したのか?
どうすりゃいいのか?
すぐにこれって原因と対策が思い浮かばないんだよね。
分析して対策を取らなきゃいけないってのはわかるんだけどね。
 
日本サッカーのサッカースタイルが問題なのか?
そうではないと思うんだよね。それだったら選手の質とスタイルの相関関係だと思うんだ。
なら他の国のクラブは何故勝ち進むのだというところの分析をするとどれが答えなのかと。それも何だと問われてもすぐ出てこない。
そもそもフィジカルだとか、資金力だとかに行き着いちゃったら困るよね。
 
リーグの日程をACLに合わせて変更すればいいのか?
それを言ったら今話題の秋春制と一括で議論しないといけない。
代表とクラブの両方を強化できる日程なんてそう上手く決まらない。
クラブを海外遠征に行かせて鍛えるとかも、正直現実的じゃない。
それだったら欧州と合わせないといけない。
それこそ秋春制にするしかなくなるんじゃない。
 
広州みたいに金持ちにクラブ買ってもらえるように斡旋する?
それこそ日本人サポーターの気質に合わないでしょ。
ヨ●ウリを否定できなくなっちゃうんじゃない。
実力あってキャリアバリバリの選手を獲得するったって、正直どこにもお金ない。
 
ただネットのコメとか読んでて、なんとなくだけど感じるのは、アジアで負けるのは恥だろという自意識過剰的な意識がまず先に立ってないかなということかな。
他国より、特に隣国群に負けているという事実が受け容れられない、そんなはずないという先入的意識。
これは選手じゃなくて、ファン、サポーターに強く感じるなあ。
負けてんだよという事実を謙虚に受け止めて、強くなってやるという意識に切り替えられないと、クラブを後押しできる空気にできないんじゃないかな。
次こそは勝つぞというメッセージにできないんじゃないかと。
まあ、これは精神論だけどね。
 
具体的な課題と対策はと言われると...上手くなるしかないんじゃない、まず選手それぞれ個人が。
結局のところさ。

|

« それでも心に余裕と選手への信頼を。 | トップページ | こういう試合こそ拍手すべきではない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでも心に余裕と選手への信頼を。 | トップページ | こういう試合こそ拍手すべきではない。 »