« チェルシー、欧州王者に! | トップページ | 「伝説の名勝負」ご当選。 »

2012年5月20日 (日)

今日のこの感覚をどう育てていけるか。

前節、京都戦はカントクじゃないがもったいない試合だった。
相手がペースを落としたからとか条件があったかもしれないが、ああいう戦い方ができること、身に付いていることに気づかずに殆どの時間を臆病に過ごしてしまったといってもいい内容だった。
 
というわけで、今日の鳥取戦は勝つだけじゃなく、勝利を目指す姿勢も問われる試合になっていたと思う。
フラフラな勝ち方では納得されないし、次節の湘南戦が心細くなるばかりだ。
無論、勝つことは絶対条件ではある。
 
結果として勝てたし、流れからゴールを決める形も決められた。
まあ、空振りして軸足にあててラストパスなんて高度な技はそうそう決まらないとは思うけど。
二点目のカウンターでのラストパス⇒シュートの流れも早くてよかった。
出したコースも、そこへ走った津田の動きもよかった。
3点目もできればシュートまで行って欲しかったが、PKを得るまでの形はよかった。
 
だが、最大の収穫は「ホラ、できるじゃん。」的な感覚なんじゃないだろうか。
ドウグラスも乗れてきてる。
この感覚をどう育てていけるか
上手くいけばチーム自体が乗っていける。
だから次節はもっと大事な試合になる。
その感覚をより厳しい相手を使って磨かなくてはいけない。
もちろん勝たなきゃいけない。
だが、失うものがあってもいけない試合だ。
この感覚が幻覚だったなんてわけにはいかない。
この感覚を研いでいかなきゃいけない。
身体に染みつかせなきゃいけない。
また逆戻りするわけにはいかない。
 
でも試合後の津田の表情を見ていると、十分自覚しているようにも見える。
次節は本当に大事だ。
昨年と同じように勝とう。

|

« チェルシー、欧州王者に! | トップページ | 「伝説の名勝負」ご当選。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェルシー、欧州王者に! | トップページ | 「伝説の名勝負」ご当選。 »