« 20年目に入って思うこと。 | トップページ | 今日のこの感覚をどう育てていけるか。 »

2012年5月20日 (日)

チェルシー、欧州王者に!

今朝は早起きしてチャンピオンズリーグの決勝を観戦。
昨日早寝して備えたのが効きました。
キッチリ午前3時に起床。
 
対戦カードはバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)対チェルシー(イングランド)。
共に準決勝で優勝候補、そして現在の欧州サッカーシーンで最も強いといわれるスペインの2強を破っての決勝進出。
しかし、双方とも主力を出場停止などで欠く厳しい陣容。
とくにチェルシーは主将テリーらを欠いており、守備的に戦わざるをえない状況でした。
相手のバイエルンはロッベン、リベリーの強力両サイドが健在、しかも決勝は自身のホーム、アリアンツアリーナでの試合となれば、チェルシーにとってはまさにアウェイ。
 
試合は予想通りに守るチェルシー、攻めるバイエルンの展開に。
前半は両サイドに渡ったときになかなか厳しくアプローチできず、守備が下がってしまい度々エリア内でシュートを打たれましたが、GKチェフの好セーブもあってどうにかスコアレスで折り返し。
バイエルンは先制したかったところでした。
後半も同様の展開になるも次第にバイエルンもペースダウン。すると、チェルシーの守備ラインも下がらずに対応できるようになり、試合はチェルシーにもビッグチャンスが訪れるようになりました。
しかし83分、ミュラーがヘッドで決めて待望の先制点。
実はこの瞬間よそ見をしていたのでリアルで見ておりませんでした。
「ありゃ、せっかく早起きしたのに...」と嘆いていました。
まさか、このまま試合が終わらないとは正直想像できませんでした。
88分、この日初のCKからドログバが同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻します。
そしてそのまま延長戦へ突入。
バイエルンの精神状態はどうかなととても気になる延長戦でしたが、延長立ち上がりの93分、エリア内でリベリーがドログバに倒されPKを得るバイエルン。
ところが、GKチェフがロッベンのPKをストップ。
リベリーはこのPKのファウルでプレー続行不可能となり、さらに精神的にイジメを喰らうバイエルン。
結局、延長でも決着つかずPK戦へ突入。
ここでもまず優位に立ったのはバイエルン。
1本目、チェルシーの司令塔マタがPKを失敗。
盛り上がるアリアンツを占めるバイエルンサポーター。
しかし、チェフがバイエルン4本目のオリッチを止めてイーブンに。
そして5本目、シュヴァインシュタイガーのシュートがポストを叩いて栄冠はチェルシーに輝きました。
 
この日のMVPは私は思うにはドログバだったと思います。
今季で契約が切れるドログバ。
チェルシーのキャリアの集大成になるかもしれない大一番で終始冷静でした。
延長でPKを与えても冷静でしたし、表彰式でビッグイヤーをオーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏に自ら手渡すシーンを見ても彼の精神的な強さ、成熟度をあらためて感じました。
同様な精神的な強さは、幾度もの好機を逃し、PKで勝利の女神に振り向かれかけてはソッポを向かれた悲運を味わいうなだれるバイエルンイレブンを表彰台に促すラームからも感じました。
あれくらいの精神的な強さくらいは身につけたいです。
 
チェルシーはシーズン当初に他のクラブとの競合に勝って承知したビラス・ボラス前監督を成績低迷で解任。
監督代理(?)のディ・マッテオのもと、リーグ戦こそ6位に終わりましたが、ビッグイヤーの獲得という成果を出しました。
おかげで来季チャンピオンズリーグに出場できることになったのですからクラブ財政的にも大きいですよ。
もっともおかげでトットナムはチャンピオンズリーグに出場できなくなったのですから、スパーズファンは落胆が大きいでしょうね。
プレーオフに回されたアーセナルのファンも含め、ロンドンは一部を除いて「ケッ(-"-;)」って感じじゃないですかね。
でなきゃフットボールじゃないよな。
ライバルの偉業を素直に喜ぶようじゃね。
 
早起きしていい試合を見せてもらいよかったです。
まあ、昨日気分よく寝れたのも大きかったですがね。

|

« 20年目に入って思うこと。 | トップページ | 今日のこの感覚をどう育てていけるか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20年目に入って思うこと。 | トップページ | 今日のこの感覚をどう育てていけるか。 »