« 渦帝の音楽ノート 第3回 エルサレム・スリム | トップページ | 大人なサッカーでダービーを制す。 »

2012年6月13日 (水)

勝つ理由を生み出せるレベル。

勝ったことが唯一の収穫と言ったら言い過ぎだろうね。
そこまでの試合じゃなかったけど、ちょっとなあって試合だったかな。
 
監督も言ってたけど、ちょっとイージーなミスが多過ぎた。
目立つとこ、目立たないところで。
ボールの失い方がイージーだったし、奪うときも連動してなかった。
奪った直後の一発目のパスとか、クリアの方向とか。
奪いにいったときに離した選手へのカバーがおざなりだったりとか。
ちょっとイージー過ぎた。
それが試合のペースを掴めなかった理由になってたと思う。
 
富山はよく繋ぐんだけど、つなぐことに固執し過ぎた部分があったかもしれない。
繋ぐとき、選手がトライアングルの内側を向いているときが多くて前へ向くのに時間が掛かってた気もする。
シュート数が思ったように多くなかったのはそのせいもあったんじゃないかな。
 
しかし、ドウグラスは相変わらず好調だと思えたし、守備も0点に抑えて終えられた。
いい感触でダービーを迎えられるのは良いことだ。
ダービーはそれまでの戦いぶりと豹変することがよくあるんだが、それでもいい感触は引き摺って行きたい。
後半、カウンターから右サイドに展開した津田のクロスにドウグラスが合わせたような攻撃をもっと見たい。
那須川がエリア内で倒れてもPKをアピールせずに体制を崩しながらラストパスを衛藤に出したようなプレーをもっと見たい。
そういう見ていて力が入るようなプレーで勝って欲しい。
できると思う。
前節、残念な負けを喫したが、自分たちのポテンシャルとか状態のいいところを今日の試合では再確認できた。
それは信じていいんじゃないかな。
イージーなミスは多かったが、いい部分も固まってきている。
 
勝てただけとも言える試合でも、勝てたことにはちゃんと理由があるから勝てる。
その理由の部分を生み出せている。そこまでのレベルには来ている。
そういう捉え方をしてもいい試合。それがこの試合。
 
次はとても大事なダービーとなる。
でも気負い過ぎないようにもしてほしい。
特に選手よりもサポーターがね。
ダービーでは気負い過ぎて何か起きちゃうことがよくあるからね。
それこそ少しばかりイージーな感じというか、余裕も心のどこかに置いてね。

|

« 渦帝の音楽ノート 第3回 エルサレム・スリム | トップページ | 大人なサッカーでダービーを制す。 »

コメント

日曜のダービー前座に、OB戦をやるみたいです。片岡、関口、林、吉成、監物・・・。
16:40にキックオフ。

投稿: (^。^) | 2012年6月14日 (木) 14時50分

なつかしいメンツですよね。
思い出のメンバーを上げるとキリがないです。
残念ながら行くことはできないですが、ダービーを盛り上げてくれることを期待しています。
次回OB戦やるときは行きたいと思います。

投稿: AWAN渦帝 | 2012年6月14日 (木) 23時19分

そんななかやはり一番に気になる男、関さんは
練習中にケガしたらしいです・・・
なにやってんのよお(≧Д≦)

投稿: まるは | 2012年6月15日 (金) 13時41分

イベントとはいえ、大塚FC時代はJFLで愛媛に負けたことなし。
今回も負けられない!
現役のリーグ戦よりも熱が入りそう。

投稿: (^。^) | 2012年6月17日 (日) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝の音楽ノート 第3回 エルサレム・スリム | トップページ | 大人なサッカーでダービーを制す。 »