« 勝つ理由を生み出せるレベル。 | トップページ | 千葉ジェッツ、ガードーHC退任。冨山新HC就任! »

2012年6月17日 (日)

大人なサッカーでダービーを制す。

ダービーってのは結果が全て、とはよく言われる。
真理ではあると思うが、内容が伴えばもっといい。
その内容が圧倒しての完勝なのか、互いの良さを出し合って接戦を制するのか、それは人によるだろう。
私個人としてはどちらかといえば前者の方が満足度は高いと思う。
さらにその内容を突き詰めていって...いや、そこまではしつこ過ぎかな。
 
まず、試合に挑む準備段階、スカウンティングがしっかりできていたことが、大事なダービーでの勝利につながったことは間違いない。
愛媛のディフェンスラインの裏側を徹底して狙うことで、、特に愛媛右サイド(徳島は左サイド)の裏側を狙うこと、そこを衛藤ら徳島左サイドから裏を崩したり、斜めに逆サイドの背後に入れるなど多彩な攻撃を展開できた。
これは事前スカウンティングが見事に当たったからだろう。
愛媛に決定機を作られることが何度かあったが、個のプレーで素晴らしい精度を発揮した場面が多く、組織で素晴らしさを見せつけたヴォルティスとは対象的だった。
我々の方がサッカーチームとして大人だったし、大人のサッカーでダービーを制することができたことは、今日の勝利がダービーの歴史の中でもより意味を持つ勝利になったのではないだろうか。
 
何度かの試合の流れを変えかねなかったピンチと、それらをスンフンらディフェンス陣が身体を張ったプレーで最後までゴールを割らせなかったことが、試合をさらに面白くしてくれた。
やはり完封勝ちというのも大きい。
 
現在の愛媛の順位、そしてここまでの成果を見ても、今日のダービーで愛媛に勝つということは今後のことを考えても実は勝てばいいというものではなかった。
まだまだ上位に上がっていかなければならない状況で、試合ごとに成熟度を高めていかないといけない。
でないと上位と戦っていけないからだ。
そういう意味ではとても理想的な形で勝ててよかった。
 
序盤戦からよくここまで内容面を上げてこられたと思う。驚異的でもある。
この勢いをまだまだ伸ばしていきたい。

|

« 勝つ理由を生み出せるレベル。 | トップページ | 千葉ジェッツ、ガードーHC退任。冨山新HC就任! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝つ理由を生み出せるレベル。 | トップページ | 千葉ジェッツ、ガードーHC退任。冨山新HC就任! »