« 今日は雑談で。 | トップページ | イタリアには酷だった日曜日。 »

2012年7月 1日 (日)

ひょっとして、今が一番試されているのかも。

『んあ゛~~~』って感じだったなあ、最後は。
選手じゃなくても膝に手を付いちゃうよなあ。
でも、4本というシュート数が現すとおりの試合だった。
 
見ていてもどかしかったね。
中盤での攻防では前半はあきらかに負けていた。
確かに草津の中盤は強力なんだけど、それでももっと勇気持って中盤で挑んでもある程度はやれたとは思うんだよね。
危険なミスもそんなに多くなかったと思う。
でも、バックスからドウグラス目掛けてロングボールを入れるところから攻撃のスイッチが入るシーンが多くて、ちょっともどかしかった。
確かに今のドウグラスはそれでも求められてる仕事をしてくれているんだけどね。
他にも、もっと攻守の切り替えが早かったらとか、そこダイレクトプレーでしょとか、今のところトラップ頼むよとかさ。
とにかくもどかしかった。
 
序盤苦しめられた一つ目の壁は今は越えている。
今は中盤から上位に絡むための二番目の壁と戦っているのか。
 
しかし、コバさんは何か光が見えてきてるようなこと言うんだよね。
だいぶ良くなっているって。
良くなっているのはわかるけど、あの試合の後でも笑みが出るような「実感」ってどんなもんなのか、それが一番訊きたい。
 
もしかして、今が一番試されているのかな。
だとしたらだ、もう腹括ってコバさんに任せるしかないのかもね。
リーグ戦が終わったときに、俺たちにはコバさんが神に見えているかもしれない。
いや、そうなることを信じて、二つ目の壁を壊していこう。

|

« 今日は雑談で。 | トップページ | イタリアには酷だった日曜日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は雑談で。 | トップページ | イタリアには酷だった日曜日。 »