« 渦帝の音楽ノート 第5回 ジョニー・クラッシュ | トップページ | 千葉ジェッツ第一回ブースターミーティングを開催 »

2012年7月15日 (日)

強いチームになるためには。

蒸し暑さは凄かったんだろう。互いに目一杯だったことはまずわかった。
それは理解する。
その中で勝ち切る試合をしなきゃいけない。
だが、すぐにそんなレベルの強さは身に付かない。
それより先にもっとチャンスを作らないといけない。
そのためには、まずマイボールを大事にしないといけない。
セカンドとかクリアボール、そして前線への長いパスを取られすぎた。
ていうか、相手に渡し過ぎだ。
それが数えるくらいの決定機しか作れなかった一番の原因だと思う。
最後の精度とかもあるが、今日はそれを理由にあげる内容の試合にはなっていなかったと思う。
これでは岡山まで大勢の仲間が来てくれて、昨季最終戦の悔しさの雪辱のために来た同志が収まりがつかないのもわかる。
 
岡山の金民均が上手く自分のスペースを作ってチャンスメイクしてた。
ああいうプレーができる、というかしようとする選手が、ああいうスペースを使おうとしていかないと今日みたいな試合を今後も繰り返すんじゃないか。
そうしないならサイドでもっとリスクを負って高い位置を使う選手が必要なんだがそれも今日は十分じゃなかった。全体的にみんな窮屈そうだった。
それではこういう試合になるのも仕方ない。
いや、仕方ないじゃ済まないんだが。
 
あと残念なのはこういう試合の直後に、チームとサポーター・ファンがどれだけ本当の意味で繋がっているかが見えちゃうことだね。
試合直後アウェイ側がテレビで抜かれるのは珍しいんだけど、今日はバッチリ抜かれてた。
でも、すぐ最前列残して人が捌けちゃってた。
選手もこういうとき何となくそっけなくってさ。
で、怒ってるゴール裏の人間だけが取り残されたみたいに見えちゃってた。
まだまだなんだね。
何がまだまだなのかは上手く表現できないんだが。
まあ、そう上手く関係ができてるチームの方が少ないと思うけど。
好調なチームほど本当はどうなの?ってのが見えにくい。
だからガンバなんかはどうなんだろうね。
 
大事なことは怒ってもムダだなと思わないことだ。
試合が終わってしばらくすると冷めてきちゃったりすることあるけど、意識してそういう向きに自分が向かないように我慢したい。
勝っても負けても大事なのは次の試合。
そこへ向けた原動力は前の試合から持っていかないとね。
 
そして選手はね。
そういう思いをキチンと受け止めて欲しいよね。
そりゃ言い方がキツければカチンとはくるだろう。
ピッチに立ってない人間に何がとか、いくらなんでもそういう言い方はないだろうとか思うのはわかるけどね。
もちろん言う側のこっちも成長しないといけないのは確か。
でも、こういうとこで互いに努力して成長していけないと、プロサッカーチームとホームタウンとのコミュニティは強くなれないと思う。
そのためには選手は試合でどういうプレーをするのか、しちゃいけないのか、サポーターはどう何を見て、どう感じて、どう気持ちを表すのかということに重みを感じないといけないんじゃないかな。
 
これはサッカーチームに限ったことじゃないしね。
そういう意味では違うエリアで自分も今年はこれからそれが問われると思ってるんだけど。
 
強いチームになるってことは簡単じゃない。
だけど強いチームになりたいという思いは常に高く持っていないと。
それはどういう行動、プレーから始まるのか。
その点で今日の試合はすごく残念な試合になった。
ただ、その意味では誰が悪いということを決めるのは誤り。
そういうことじゃない。
だから難しい。

|

« 渦帝の音楽ノート 第5回 ジョニー・クラッシュ | トップページ | 千葉ジェッツ第一回ブースターミーティングを開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝の音楽ノート 第5回 ジョニー・クラッシュ | トップページ | 千葉ジェッツ第一回ブースターミーティングを開催 »