« 魅せるものとしての質 | トップページ | ファンの道 »

2012年7月25日 (水)

いよいよロンドン五輪開幕

開会式にはまだ何日かあるけど、今日からなでしこジャパンの試合が始まり、いよいよロンドンオリンピックが始まります。
注目はやっぱりサッカーかな。
でも体操も注目している。
あ、田中何とかさんカワイイよね。でも男子の内村君にもっと期待してる。
彼が出来杉くんだったなんてオドロキだよ。
 
もうずいぶん昔のような気がするけど、アトランタでブラジルに勝った試合は本当にサプライズだった。
会社で仕事してて昼休みにちょうど試合があって、ポータブルテレビ(まだ携帯電話にワンセグなんかなかった)で前半だけ見てた。
後半は仕事中だったんで、気にしながら仕事してたんだけど、そこへ電話が掛かってきた。
相手は会社の同じ職場の先輩だった。
そういや今日休みを取っていたんだと気づいた。
先輩「試合、終わったよ。」
私「え、何がですか?」
先輩「1-0だった。」
私「ああ、ブラジル戦ですね。え、もしかして試合見たくて会社休んだんですか?」
どうやら先輩は日本対ブラジルを見たくて仕事を休んだらしい。
にもかかわらず、会社に電話してきたのだ。
サボったのバレバレじゃん。
バリバリのサポーターの俺ですら仕事してんのに。
私「で、誰が点決めたんです?」
私はてっきりブラジルが1-0で勝ったんだと思っていた。
先輩「イトウ。」
私「.........イトー?」
イトーなんて選手、ブラジルにいたっけ?
イトーという単語に伊東という漢字が嵌るのには数秒掛かった。
そして、それが何を意味するのかも。
私「えっ、勝ったんですか?」
 
あれはとても衝撃的だった。
会社の他の先輩が「こりゃ金メダルかな?」と早くも勘違いし始めたのも覚えている。
今大会もあんなことが起こるんだろうか?
あのときのブラジルとの差ほど、今回のスペインと差はないだろうけど、それでも勝つことは至難の業だろう。
でも...ワクワクしてくるよね。

|

« 魅せるものとしての質 | トップページ | ファンの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅せるものとしての質 | トップページ | ファンの道 »