« 千葉ジェッツ、開幕へ向けて。 | トップページ | 渦帝の音楽ノート 第8回 メタルチャーチ »

2012年9月30日 (日)

千葉ジェッツ、プレシーズンマッチに勝利!

bjリーグ千葉ジェッツは、29日(土)大田区総合体育館でbjリーグのプレシーズンマッチ「関東ダービー2012」に参戦。
埼玉ブロンコスと試合を行い、96-90(30-24、18-19、33-25、15-22)で勝利しました。
 
Ca3f0479 新生千葉ジェッツをブースターの前でお披露目する初めての試合。
外国人4選手の実力は如何ほどなのか?
フライトクルーのニューパフォーマンスはどんなものなのか?
いろいろな期待を含んだ注目の試合となりました。
 
会場となった大田区総合体育館は京浜急行梅屋敷駅から歩いて5分ほどのところにありました。
Ca3f0477 今年の6月30日にオープンしたばかりの新しい体育館で、観客席のイスがきれいな木製のイスで、最初に目に入ったとき「おおっ」と思うほどきれいでした。
今季からbjリーグに新規参戦する東京サンレーブスもここで数試合ホームゲームを戦います。
実は千葉ジェッツのアウェイゲームもここが会場。
来年3月初めにまたくることになるでしょう。Ca3f0478
他のホームゲームは日野市とか稲城市とかもあるので、距離的にも施設的にもラッキーかな。
 
さて肝心の試合。
Ca3f0483 1Q立ち上がりから猛ラッシュを掛けた千葉ジェッツは10点差以上をつけますが、そこから埼玉も反撃。
注目の新外国人選手ではPFジョー・ワーナーが目立っていた気がします。
2Qは埼玉のペース。
一時逆転を許してしまいましたが、終盤に追い上げ48-43で前半を終えました。
3Qは今度はジェッツが主導権を握ります。
特にフリースローの成功率がよく、順調に得点を重ね、81-68と10点以上の差をつけます。
4Qもうまく試合をコントロールしながら進めていけていました。
ラスト10秒ほどで反撃を許し、6点差まで詰め寄られましたが、逃げ切りジェッツブースターお披露目試合を勝利で飾りました。
Ca3f0495 ラストのところに詰めの甘さを見せてしまったところが不安を感じますが、既に数試合のプレシーズンマッチをこなしているブロンコスを相手にいい試合ができたと思います。
注目の外国人選手では4人ともシーズンが期待できる出来だったと思います。
正直、まだ公式サイトにも顔写真が公開されてなくて、まだ覚え切れていないのです。
また、日本人選手の動きもよく、佐藤、一色、田中がよくチームを引っ張っていたと思います。
それからフリースローの決定率が今日はすごくよかったです。
昨年はちょっと苦しんでましたから。
シーズンを通じて安定してフリースローで点を取っていきたいです。
#31石田は怪我の回復中なのでしょう。試合には出場しませんでした。
彼が本格復帰すればさらにチーム状況はよくなると思います。
 
Ca3f0488 フライトクルーもコスチュームを着ての初のゲームだったと思います。
新しい曲によるパフォーマンスも披露しました。
ブースターミーティングでもチーフのAkingが、もっと飛行機のイメージを強くしたい旨のことを言っていたとおりに、まさに飛行機で、そして一般の人にも馴染みのあるものもありました。
 
今日は結構大勢のジェッツブースターの皆さんも来ていました。
大半の方はベンチ裏で応援をされていましたが、私は”癖”でゴール裏を買ったため、何かポツンとしてしまいましたが、やっぱりベンチ裏っよりも自分的には嵌ってるなあという感じで、結構マジで声が出せてたと思います。
開幕に向けて作ろうと思っているモノもあるので、開幕に向けて自分もアゲていこうと思います。
 
また、千葉ジェッツと埼玉ブロンコスとの試合の次には、東京サンレーブスと、同じく今季から参戦する群馬クレインサンダーズが対戦。
こちらは、序盤、昨季ジェッツにいた佐々木クリスを中心に東京がリードしますが、終盤群馬が逆転し86-81で群馬クレインサンダーズが勝利しています。

|

« 千葉ジェッツ、開幕へ向けて。 | トップページ | 渦帝の音楽ノート 第8回 メタルチャーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、開幕へ向けて。 | トップページ | 渦帝の音楽ノート 第8回 メタルチャーチ »