« ホームの歓喜を求めて。 | トップページ | 試合開始から意地を見せよう。 »

2012年10月21日 (日)

悔しい3連敗。

10月21日(日) 岩手県営体育館
 
岩手ビッグブルズ 99 - 88  千葉ジェッツ
            24 1Q 13
            12 2Q 20
            15 3Q 25
            20 4Q 13
             9 OT1 9
            19 OT2 8
  
千葉ジェッツは本日、岩手ビッグブルズ戦とのアウェイ2戦目に挑みました。
試合は序盤から劣勢に立たされ、1Qは11点差が開く苦戦。
しかし、ここから追い上げたジェッツは#13ベルの活躍もあり、3Qには58対51と逆転して最終4Qへ。
岩手の反撃により、残り6分で61対61と追いつかれる。
そこからは必死の攻防。
それでも残り1分で2点差をつけられてラスト11秒。
最後のオフェンスで#9田中が決めて土壇場で同点に。
そしてOTに突入した。
ここからは過酷な試合になった。
OT1の序盤からリードを許すも、♯45アングーヌーのブザービーターで再び追いつく。
しかし、5ファウルで#9田中が3Qに、♯34ワーナーらが4Qに退場となったことも響き、OT2では突き放され99対88で敗れた。
 
これで3連敗となった。
今日の現地に行けない私とか、他のジェッツサポーター数名はTwitter上で応援を繰り広げた。
かなり緊張感の高い試合となったことで、多分プレッシャーで気分が悪くなった人もいたと思う。
そこまでいったのだから勝ちたいところだったが残念な結果に終わった。
 
ただ、冨山HCも行っている様にまだまだこれからなので気を落とさず応援いく。
正直、今日の負けは堪えたが、応援についての一体感は昨日よりさらに増していると感じた。
まだまだこれからだ。
自分たちを疑わずに信じていく。そうすればかならず結果になって表れる。

|

« ホームの歓喜を求めて。 | トップページ | 試合開始から意地を見せよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームの歓喜を求めて。 | トップページ | 試合開始から意地を見せよう。 »