« まるまるサンカクの一日 | トップページ | バレエの発表会より。 »

2012年11月 8日 (木)

最近のサッカーネタより。

ここ最近サッカーで記事書いてなかったと思うので、最近のネタからちょこっとコメント。
 
今日飛び込んできたニュースはヴィッセル神戸の西野監督の解任。
西野さんは、昨季までガンバの監督を10年勤めて、Jリーグや、ナビスコカップ、天皇杯、そしてAFCの制覇まで成し遂げた人なんだけど、それ以前は柏の監督もやってた。
柏の監督時代のことはいろいろ覚えていて、随分可哀相な辞めさせられ方もした。
あれの背景もある程度知ってるんだけど、柏が初のタイトルを獲得した裏で周りが増長しちゃってさ、その煽りを一人被らされて、彼がいなくなったら次に選手が標的になっちゃって。
そんな扱いを受けたリベンジなのか、ガンバの監督時代は成果を出してた。
監督としては優秀だと思うし、神戸にもいい選手揃ってると思うんだけど、シーズン途中で監督を引き受けるってのは難しいんだね。
彼くらいの人でも残り3試合で解任されちゃうんだから。
でもヴィッセルってクラブも学ばないなあって思うな。
 
J2は今週末で最終節。
ヴォルティスはホームでジェフ千葉を迎える。
結局15位ってとこか。
最後のセレモニーで挨拶するのは監督なのか、社長なのか?
どういう内容の挨拶になるのかが最後の興味かな。
せめてプレーオフには行きたかった。
プレーオフは面白そうだよね。
国立での決勝できれば観に行きたいなあ。
 
J3設立が早ければ2014年にも実現しそうとのこと。
J3に準会員クラブを集めるのかもしれないけど、ライセンス制度も施行したわけだし、やるならやるでキチンと加入するクラブに対して責任を持ってやってほしいなと思う。
3部になったら、いくらJリーグの看板があっても観客動員だってそう期待できないだろうしね。
どこでも山雅みたいになれるわけでもないしさ。
ダメならライセンス失効なんて突き放したりしないでさ。
 
でもJ3できたらJFLが煽り喰らうのは間違いない。
全国リーグでやる意義が失われて地域リーグと全社を頂点にした体制に再編されるかもなと思う。
会社にとって全国リーグの意義をどこまで感じられるか。
それこそね、以前から私が言っているように、天皇杯サッカーを分割して、高校、大学も含めてアマだけの天皇杯サッカーを作ってもいいんじゃないかと思う。
並行して高校や大学の主要大会(予選含む)が動いてるから時期の調整が難しいけどね。
アマサッカーの檜舞台を用意してあげてもいいんじゃないかと思う。

|

« まるまるサンカクの一日 | トップページ | バレエの発表会より。 »

コメント

今年からのJFLとJ2入替戦実施により、JFLが全国リーグである意義が、より高まったと感じます。J3設立によってその役割が危ぶまれますが、アマとプロを橋渡しするリーグは必要でしょう。ただ、今のJFLのように沖縄から東北にまたがることによって企業チームの負担も大きいと思います。佐川滋賀が残念なことになるなどの問題を出さないよう、せめてもう少し広域な地域リーグ(西日本と東日本の2区分、西東北の3区分等)として、全国リーグと今の各地域リーグとの中間のような存在があってもよいかなー。

投稿: (^。^) | 2012年11月11日 (日) 08時34分

結局J3ってのはJに上がりたいチームを囲い込む柵だと思うんですよね。そうするとアマはアマだけでしかやれない。しかも四部扱い。これでは経費掛ける意義が企業側には無いです。払えるとしても無いです。
他の競技のように全国大会(今はJFLがその役割)を用意しないと一気に衰退すると思います。
そういう意味で天皇杯サッカーのプロアマ分割化を私は希望しますね。ブラジルでもアマの全国大会が凄い盛り上がるんですよ。
それがあって東西分割ならいいと思います。

投稿: アワン渦帝 | 2012年11月11日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるまるサンカクの一日 | トップページ | バレエの発表会より。 »