« 最近のサッカーネタより。 | トップページ | 徳島ヴォルティスの2012シーズン終る。 »

2012年11月11日 (日)

バレエの発表会より。

昨日は娘のバレエの発表会でした。
2008年から通っているはずなので、もう5年目でしょうか。
お教室は幕張本郷と海浜幕張にあります。
通常土曜日に通っているのですが、ここ半年くらい前から発表会の準備が始まり、最近は土日や平日も通って準備してきました。
 
娘の通っているバレエ教室では1年半に一回くらいのペースで発表会をやっています。
東京シティバレエ団やフリーの先生方を招いてのバレエコンサートと、古典作品の構成で行われます。
パンフレットで出演人数を数えてたら、総勢123人いました。
他のお教室は知らないのですが、凄い人数だなと思いました。
ゲスト出演の先生方も増え、スケールは間違いなく前回よりアップしていました。
娘は今回で3回目の出演です。
今までは小品にも出ていましたが、今回はメインの古典に出演。
今回の作品は『くるみ割り人形』全幕でした。
 
思い出すに、前回はあの大震災の直後、2011年3月27日でした。
今思い出しても、よく開催できたなと、お教室の先生方の勇気と決断には敬服しかありません。
一生の記憶に残る一日でした。
 
「くるみ割り人形」での娘の役は「第1幕第2場 ねずみとおもちゃの兵隊の戦い」でのねずみの役と、「第2幕第1場 お菓子の国への旅」での湖の妖精の役でした。
ウチの娘は身体が固いのですが、身体での表現は上手で親バカながらちょっとセンスあるのかなと思える出来でした。
上手だったよ、と褒めてあげました。
 
「くるみ割り人形」を生で観るのは当然初めてでした。
先生方はハイレベルな方が揃っているので、観ていても見応えがありました。
いいものってのは、何の前知識無く初めて見ても感動するんだなと、あらためて思いました。
主役クラスの大事な役は先生方と、お教室からコンテストに出ている上手な人達がダブルやトリプルで演じます。
先生方もそうですが、みなさんすごく優雅で上品でキレイな踊りでしたね。
素人目に観てもそう感じました。
一昨年、娘が応募したバレエのオーディションで、高校生くらいの女の子たちから感じた炎立つようなオーラとは全く違い、会場の空気に色を染めていくような暖かくて神秘的でさえあるようなオーラが踊りから出ていました。
とてもいい一日になりました。
娘はまだバレエを続けるようなので、次回の発表会も楽しみに待ちたいと思います。

|

« 最近のサッカーネタより。 | トップページ | 徳島ヴォルティスの2012シーズン終る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のサッカーネタより。 | トップページ | 徳島ヴォルティスの2012シーズン終る。 »