« 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 | トップページ | お隣よりも大きな夢がある。Go!千葉ジェッツ。 »

2013年2月17日 (日)

千葉ジェッツ、アウェイ富山戦は1勝1敗。次が勝負だ。

2月16日(土) 富山県西部体育センター 
 
富山グラウジーズ 72 - 81 千葉ジェッツ
            17 1Q 18
            16 2Q 22
            19 3Q 23
            20 4Q 18
 
2月17日(日) 富山県西部体育センター 
 
富山グラウジーズ 93 - 86 千葉ジェッツ
            17 1Q 21
            21 2Q 20
            19 3Q 20
            20 4Q 16
            16 OT1 9
 
千葉ジェッツは今週末、アウェイ富山でのイースタン4位の富山グラウジーズとの対戦に挑みました。
結果は1勝1敗。
#35マーキン・チャンドラーを出場停止で欠いた土曜日の一戦目は勝利しましたが、マーキン復帰の本日は残念ながらOTで力尽きました。
 
2月16日(土)の一戦目は#0佐藤、#9田中、#13ベル、#18板倉、#34ワーナーでスタート。
#35チャンドラー不在なれど、この日は”ハートガイ”(私がそう名付けた)#34ジョー・ワーナーが大活躍。
彼のバスカンから出足を制すると、ここからも#13ベルとワーナーの二人で、攻撃力に優れた富山に応戦。
1Qは1点リードで2Qへ。
2Qは#41グレイが活躍。
もはやジェッツに欠かせない攻撃力となっているグレイ。
マーキン不在の穴を埋めて余りある活躍で33-40と7点リードで後半へ折り返した。
 
3Qも立ち上がりは富山に決められ点差を詰められるも、そこからまた放しにかかり52-63で4Qへ。
この日のショットは外国人3人衆に集中。
#34ジョー・ワーナーは33得点、リバウンドも16。
#42グレイも23得点、15リバウンド。
#13ベルも16得点と、日本人選手の総得点を軽く上回るハイスコアを並べる大活躍。
その分チームでディフェンスを頑張ったのだと思う。...思う。...たぶん思う。
とにかく、追いすがってくる富山をそのたびに突き放したチーム力で72-81で初戦を制した。
マーキン不在時のジェッツは圧倒的に勝てないのだが、それを乗り越えられたという価値は大きく、今後に大きな勇気を与える勝利になった。
そして、この日秋田ノーザンハピネッツが敗れたことで、ジェッツは5位に浮上。
次節に直接対決を迎える秋田との位置を逆転できた。
大きな勝利だったと思う。
 
翌2月17日(日)はマーキン・チャンドラーが復帰。
岩手戦で鼻骨を骨折したマーキンはフェイスマスクをして出場したようである。
連勝したいジェッツは#0佐藤、#9田中、#13ベル、#18板倉、#34ワーナーでスタート。
富山と拮抗した展開で進めるが、17-21で2Qへ。
2Qは負けられない富山も反撃してくる。
逆転⇒再逆転⇒同点、そしてマーキンの3Pで再リードを奪い、38-41で折り返した。
 
3Qリードを保つも、4Qは一時10点差まで突き放した。
しかし終盤になり同点に追いつかれ、そこから際どい競り合いになった。
ラスト11秒で1本決めたかったが、無念のOTへ。
マーキンのファウルアウト、OTには#41グレイもファウルアウト、テクニカルファウルによる失点もあってOTでは富山に突き放された。
 
結果は1勝1敗。
収穫もあれば、とり損ねた部分もある。
自分たちの現在の力と可能性が正直に表現された2連戦だったように思う。
まだまだ上積みは必要で、それがないと5位浮上は果たしてもまた7位に逆戻りするだろう。
次の秋田戦は5位、6位対決である。
今節前は順位は逆だった。
が、7位信州もまだまだ圏内であり、秋田を今節2連勝で破った仙台も危険な存在である。
仙台は一足早く21日(木)と22日(金)にホームで埼玉戦を行う。
この2試合に連勝されると、非常にプレッシャーのかかる2連戦になる。
長野もアウェイだが下位の東京戦である。
毎回こんなことを言っているが、次節は本当に大事な2連戦である。
勝つしかないっス。
次節は応援する側も戦力を揃えて頑張りましょう。
インフルで欠場された方も復帰されるでしょう。
みんなでジェッツをもう一つ上のステージへ上げましょう。

|

« 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 | トップページ | お隣よりも大きな夢がある。Go!千葉ジェッツ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 | トップページ | お隣よりも大きな夢がある。Go!千葉ジェッツ。 »