« 明日からが本番の正念場。行こう!千葉ジェッツ! | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 »

2013年2月10日 (日)

声、ハート、そして祈り。千葉ジェッツ9連勝。

2月10日(日) 八千代市市民体育館 
 
千葉ジェッツ 90 - 86 岩手ビッグブルズ
               15 1Q 22
             25 2Q 21
             19 3Q 23
             31 4Q 20
 
今こうして原稿を書いているが、正直気力も体力もギリギリ。
明日の試合まで終わったらまとめて書こうと思ってたんだけど、クロさんに今日のブログ楽しみにしてるって言われたから書きます。
頼まれるとイヤと言えないんだよね。
頼まれると「できません」とは言わないことにしてるんだ。仕事ではそうしてる。
だから会社がリストラ発表しても、部長から「○○(本名)くんがいないと困っちゃうよ。」と研修で昼間不在だった日の夜に言われるわけだ。
頼まれるとね...頑張っちゃうわけですよ。
頼まれたからね、頑張りましたよ。バカな男でもあるから。
 
でもね、試合のことハッキリ言ってよく覚えてないんだよね。
板さんの3P記憶にないんですよ。
チャンドラーが広告ボードに蹴り入れたのは覚えてるんだけど。
ありゃいかんよ。マーキン。
気持ちはわかるがダメだ。
試合は判定も厳しくて、こっちのショットミスも酷くて、本当に厳しかった。
今までだったら負けてる試合。
でもね...勝ったんだ。
 
勝因とか分析なんてする気力いまない。
覚えていること。
 
声。
それは試合会場の終盤の歓声が凄かったこと。
1123人だっけ。ゴメン、覚えてない。
でも全員が凄い声出してた。
終盤ついに逆転したとき、STARJETSの誰かさんたちは泣きそうな顔になりながら応援してた。
と思う。彼女たちの名誉のためにね。
 
ハート。
Uzuphoto_008_2 今日はジョー・ワーナーが絶不調だった。
決めなきゃいけない人が決められないから、終始リードを許す展開になった。
選手達は気負い過ぎていたのかもしれない。
試合前のアップのときから、みんなショットが決まってなかったから。
それでも前半は3点ビハインドで折り返したあとのハーフタイム。
ショット練習するジョーのところへ行った。
とにかく勝つために「やらなきゃ」と思って、バスケでは初めてこんなことやった。
「ジョー、ジョー!ハートだぞ!」と胸と叩きながら声をかけた。
うなづくジョー。
後半も決してよくはなかった。
でもマーキンもベルもいなくなったコートで最後まで戦ってくれたジョー。
試合後、選手がコートサイドを一周しているときにジョーが来た。
ゴツン!と、俺の胸にパンチをぶち込んでった(本当!)。
そう、ハートだよ。君のハートだ。
 
祈り。
祈りが通じた。それが自分の身体を最後は押してくれてたかもね。
どんな点差になろうとも1ミリたりとも引かなかったのはそのせいかな。
強がりと思ってもいいけど、私は1ミリだって試合中負けると思わなかった。
思うわけにイカネーと思ったからさ。バカだからさ。
勝ってよかったよ、正直。
 
さて明日だ明日。Uzuphoto_004_2
正直、今日試合中に気絶しそうになったけどさ。
明日も頑張らないとね。
マーキンが出られないなら、いる人間がやるしかないでしょ。
それも超えるべきヤマだよ。
それを超えるために頑張ることをサポートって言うんだ。
私にはそれしかできない。それが自分のやるべきこと。

|

« 明日からが本番の正念場。行こう!千葉ジェッツ! | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日からが本番の正念場。行こう!千葉ジェッツ! | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝は9で止まる。ここからリスタートだ。 »