« 渦帝の音楽ノート 第9回 刀根麻理子 | トップページ | 一枚岩にならないといけない。徳島ヴォルティスの曲がり角。 »

2013年5月15日 (水)

20年目を迎えて。

Jリーグが開幕して20年なんですね。
サッカーのサポーターとしても20年目なんですよ。
とうとう成人しちゃったんだ。

 
20年前の開幕戦はテレビで観ていて、なんか始まったんだなと思ったくらいで実感なかったですね。
チケットがすごい人気で、どのカードも売り切れてた。
あのころって、地方のチーム同士の対戦なのに必ず国立競技場でのホームゲームがあったんですよね。
私は初めて見たJリーグの試合って、その国立競技場での横浜フリューゲルスの試合だった。
相手は忘れちゃった。サンフレッチェ広島だったかも。
チームカラーのアフロかつら被った人がスタジアムにいっぱいいましたね。
それこそ、今のジェッツでのMACさんみたいな人がいっぱいいました。
チアホーンが鳴り響いて。

  
そんなとき、自宅(実家)の近くにある日立の運動グラウンドでプロサッカーチームが練習試合するってチラシで知った。
相手が横浜マリノスだって知って、実はマリノスの木村和司が見たくて出かけて行って...。
でも、Jリーグと、柏レイソルが所属していたJFLは別世界だった。
全然お客さんこないし、チケットもってないのに試合見れちゃったし。
そして、カレッカが入団することになって、一気に世間の注目を集めだして...。
初めて行った遠地アウェイの高知であの人に出会って...。
Jに昇格できなくて...。
あのころは人生が一気に走り出した年でした。

 
あれから20年。
いろんなことがあって、サッカー以外の人生にも影響をもらいました。

 
パッと思い出すサッカー人生20年の最大のハイライトは97年のフランスW杯アジア予選でしょうね。
大勢の仲間と国立競技場のまわりで徹夜して、何万人の仲間とここにいるって実感できた。
みんな薄汚い恰好でも、絶対にフランスに行くんだという信念だけはすごかった。
だから選手にイス投げたりしたやつもいたし、カズを本気で怒らせもした。
韓国戦で山口のゴールに壊れて、韓国サポーターにイスに放火される屈辱を受けて...。

 
楽しかったのはやはり仲間に恵まれたからでしょう。
嘘つかないいい仲間にたくさん出会えて幸せだった。
これからもそういう仲間をもっとたくさん作って楽しく人生を締めくくれたらいいな。

|

« 渦帝の音楽ノート 第9回 刀根麻理子 | トップページ | 一枚岩にならないといけない。徳島ヴォルティスの曲がり角。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝の音楽ノート 第9回 刀根麻理子 | トップページ | 一枚岩にならないといけない。徳島ヴォルティスの曲がり角。 »