« 壮行会の夜 | トップページ | 勝つには勝ったが...。ヴォルティス、札幌に辛勝。 »

2013年6月29日 (土)

迫力の差。ヴォルティス、ガンバにはね返される。

2013 J2 第21節 ガンバ大阪 2 - 0 徳島ヴォルティス
(得点)32分 パウリーニョ、38分 平井将生

 
前半30分までは互角か少しペースはヴォルティス寄りだった。
ガンバにチャンスを作らせてなかったし、左サイドから攻めることができていた。
いい位置でのフリーキックのチャンスもあった。
ただなあ、入らないんだよねぇ。

 
そしてちょっとしたミスから失点して、勢いが萎む。そしてそのまま終わる。
今日のミスは決定的なミスではなかったけど、それをゴールに繋げるのがガンバと他のJ2チームとの違いだね。

 
パウリーニョのシュートなんてメッセージ性の溢れた強烈な一撃だった。
「そっちのミスなんて無くても決めたいときは決められるんだぜ。違うんだよ、俺らとお前らは。」ってね。
あれでスタジアムの空気も決定的にしちゃったよね。

 
相手はレアンドロも家長も遠藤も今野も不在。
それでも圧倒された。

 
ヴォルティスは迫力がないんだよなあ。
他のJ2クラブと比較しても一番足りないのは迫力なんじゃないかなあ。
上手い選手は多いんだけどね。
結局メンタルなんだろうね。
経験ある選手が多いから、それは問題ないはずなんだけど、なんでかなあ。
ウチに来るとメンタルが...。そんなことないと思うけど。

  
失点すると下向いちゃって主導権を相手に渡しちゃうメンタル。
見ている側にも伝播してきちゃう。
コバさんの怒鳴り声がむなしく響く。
ちょっと激しく凹むなあ。
違うんだよなあ。
足りないんだよなあ。

 
諦めてなんかいないけどさ。
毎回毎回諦めないぞ!ギブアップしないぞ!と自分に言い聞かせ続けるのもどこまでもってわけには。
耐えられなくなる人がそろそろ限界なんじゃないかな。

 
いろんな意味でまだまだだと思った。
それと、そこに追いつくにも相当努力が必要で、今までと同じやり方じゃいつまで経ってもダメかもってことも感じた。

|

« 壮行会の夜 | トップページ | 勝つには勝ったが...。ヴォルティス、札幌に辛勝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壮行会の夜 | トップページ | 勝つには勝ったが...。ヴォルティス、札幌に辛勝。 »